表の作りが同じだと楽

 串刺し計算は、仕事の現場ではとてもよく使うはずだ。ところが、いきなり取り組もうとしても戸惑う可能性があるので、まずはダミーの表を作って操作方法を把握しておくといいだろう。

 シートを複数枚数作り、それぞれに同じ表を作成する。どこかのシートに作った表をコピーしてもいいし、Ctrlキーを押しながらシートの見出しをクリックしてすべて選択した状態にしておき、表を作ると同じものができあがる。

 この同じ作りの表が入っているシートの値を合計していく。

シートの2枚目に1月の表を作成した

シートの3枚目に2月の表を作成した。1月とデータは異なる

マウスで計算すればOK

 続いて串刺し計算をしていこう。1枚目のシートは内容が空白で、ここに他のシートの値を串刺し計算するわけだ。今回は、1シート目のB2セルに、1月、2月のワークシートの値を合計した数値を表示したい。

 作業は簡単で、まず1枚目のシートのB2セルにカーソルを置いて、「=」を入力する。つまり、普通に式を入力する手順からはじめる。続いて、1月のタブをクリックし、B2セルをクリックする。これで、「1月のシートのB2セル」が指定できる。続いて、「+」を入力したら2月のタブをクリックして、同じようにB2セルをクリックする。この作業では、「2月のシートのB2セル」が指定できる。2つのセルを指定したら、Enterキーを押す。これで2つのシートが選択できて串刺し計算ができる。手で入力してもいいのだが、マウスで操作することで、楽にシートを指定する式が入力できる。

 次回はもっと多い表を合計する方法を紹介する。

まず「=」を入力する

1月のシートのB2セルをクリックする

「+」を入力したら2月のタブをクリックして、同じセルをクリックする

串刺し計算ができた。他のセルも式をコピーすればOKだ

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

関連記事
意外に簡単Excelの串刺し計算(2)
著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。