手順に注意してほしい

 第134回では作成者の削除を紹介したが、今回は新たな作成者の設定までを解説する。
 今回は、Microsoft 365の最新バージョンでの設定を紹介する。前のバージョンだとメニューの位置が違うことが多いので気をつけてほしい。逆に言うと、最新版でメニューが変わってしまい、どこで設定すればいいのかわからない方は、ぜひこの記事を参考にしてほしい。
 設定は、「ファイル」メニューの「オプション」から「全般」で行う。

ファイルメニューの「オプション」で設定する。左側の「全般」をクリックし、「Microsoft Officeのユーザー設定」で「ユーザー名」を入力する

ファイルメニューの「オプション」で設定する。左側の「全般」をクリックし、「Microsoft Officeのユーザー設定」で「ユーザー名」を入力する

「Officeへのサインイン状態にかかわらず、常にこれらの設定を使用する」にチェックを入れておく

「Officeへのサインイン状態にかかわらず、常にこれらの設定を使用する」にチェックを入れておく

名前が変わった

 上記の設定を進めておくと、「ファイル」メニューの「情報」で表示される作成者などの情報が変更されるので、確認しておこう。
 この手順を知っていれば、顧客や上司にファイルの使い回しなどを勘ぐられることはなくなるはず。ぜひとも、保存版として覚えておいてほしい。

作成者や最終更新者が変わった

作成者や最終更新者が変わった

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。