新機能「音声」の使い方

 スマホ版Microsoft Officeの新機能「音声」は、非常に便利な機能で、スマホのタイピングとテキスト入力が苦手な人には特にお勧めだ。僕もスマホのキーボードをちまちまと打つのは得意ではない。そこで、急いでメモを取りたいときには音声入力を使っているのだが、そんな用途にはベストな機能だ。類似の機能はGoogleのKeepなど多数リリースされているが、現時点の便利さでは最強といえそうだ。
 スマホ版のMicrosoft Officeを起動したら、「+」をタップすると新機能の「音声」が右側に表示されているはずなのでタップして使っていこう。

Microsoft Officeを起動したら、「+」をタップ

Microsoft Officeを起動したら、「+」をタップ

右側の「音声」を利用していく

右側の「音声」を利用していく

ていねいかつ一気にしゃべるのがコツ

 音声が起動したら、話してメモを記録していこう。緊張する必要はないし自分の記録なのだからミスったら何度でもやり直せばいい。
 とはいえ、慣れるまではうまくしゃべれないだろう。話すときは少しゆっくりめに、句読点を意識して間を取るようにしゃべるとうまく記録できる。途中でミスっても気にせずに言い直して一気に話した方がいいだろう。テキストは必要ならあとで修正可能。もちろん、ミスをしても内容がわかればいいのでそのままでOKだ。
 音声機能がすごいのは、自動で句読点を適切な位置に入れてくれることだ。
 次回はパソコンとの連携を紹介する。

音声が起動したら、すぐさま録音状態になっているのでメモを吹き込んでいく

音声が起動したら、すぐさま録音状態になっているのでメモを吹き込んでいく

一気に話していくのがコツだ。句読点も自動で入れてくれるのが素晴らしい

一気に話していくのがコツだ。句読点も自動で入れてくれるのが素晴らしい

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。