矢印キーで移動

 超基本的な操作だが、矢印キーを十字方向に打つと、それぞれカーソルを移動できる。この機能は誰でも知っているのだが、表が大きくなるといちいち動かすのが面倒になる。
 そんな時に覚えておきたいのが、「ctrl+矢印キー」だ。この機能を使うと、表の中での移動になり、今カーソルがある行、列のそれぞれ先頭と終点にジャンプできる。表が大きければ大きいほど便利な機能だ。

矢印キーで十字方向に移動可能だ

矢印キーで十字方向に移動可能だ

ctrl+矢印キーで、データのあるセルの先頭や終点にジャンプできる

ctrl+矢印キーで、データのあるセルの先頭や終点にジャンプできる

Enterを打たない使い方

 数値を入力してEnterキーを押すと、カーソルは下に移動して次のデータが入力できる。これはこれで便利なのだが、データが右に伸びている表や、次のデータを右に入力したいときには思い通りに動いてくれていない。右にカーソルを動かしたいときには、代わりに「Tab」を押すだけでOKだ。
 なお、あまり使う機会はないかも知れないが、左はShift+tab、上はShift+Enterで移動できる。つまり、Shiftを同時に押すと逆に動くと覚えておくとよい。

Enterキー以外でもカーソルを移動できるので、入力効率がアップする

Enterキー以外でもカーソルを移動できるので、入力効率がアップする

標準で右移動も可能

 右方向にデータを入力する機会が多いなら、Enterキーの振る舞いを変更してしまえばいい。標準で下に動くカーソルを右に動かせるように設定できるのだ。
 設定は、「ファイル」の「オプション」から行う。ただ、ひんぱんに右移動しないならショートカットキーを使った方がいいだろう。下移動と右移動の頻度を考えて設定してほしい。なお、上や左移動も可能だ。

Excelのファイルタブを開き、左下の「オプション」をクリック

Excelのファイルタブを開き、左下の「オプション」をクリック

ウィンドウが開いたら、「詳細設定」でカーソルの標準移動方法を変更できる

ウィンドウが開いたら、「詳細設定」でカーソルの標準移動方法を変更できる

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。