縦横が自由なまるで紙のノート

 iPadのOneNoteは、普段パソコンを使っているユーザーにはとても新鮮だと思う。特に、縦横が自由に使えるのは、紙のノートと同様だ。今回は12.9インチのiPad Proで紹介しているが、書き込めるエリアはA4サイズのノートと大差ない。縦で使うとレポート用紙のように利用できるし、図を描くときなどは横にしてもいいのだ。
 机の上で好きな場所に置いてApple Pencilで手書きノートが記録できる。紙と違うのは縮小拡大が自由にできること。細かな文字も拡大して大きく書ける。また、色も手軽に使えるし、インクが切れて書けなくなることもない。

普通の画面はこんな感じだ

普通の画面はこんな感じだ

メニューを消して縦にすると、まさにレポート用紙のように使える

メニューを消して縦にすると、まさにレポート用紙のように使える

図形も描ける

 iPadのOneNoteはかなり自由に使える。例えばフローチャートを書く際にも、すべてフリーハンドで描いてもかまわない。
 パソコンのWordやExcelのような作図機能も搭載しているので、きちんと下図を描いていくのもいいだろう。好みで自由に使えばいいのだ。僕の場合は、作図するとしても文字は配置が面倒なので手書きしている。

フリーハンドでチャートを書くのも気分がいい

フリーハンドでチャートを書くのも気分がいい

作図機能も用意している

作図機能も用意している

最初に元となる図を描く

最初に元となる図を描く

元図をコピーして増やすのが美しく仕上げるこつだ

元図をコピーして増やすのが美しく仕上げるこつだ

矢印も作図した

矢印も作図した

個人的には作図と手書きを組み合わせるのが好みだ

個人的には作図と手書きを組み合わせるのが好みだ

スクリブルでテキストも入力できる

 Web会議中にメモを記録する際には、やはり手書きは便利だ。とはいえ、テキストにしていないと人にシェアしにくい。また、検索でも探しづらいのがネックだ。そこで、テキストで入力するのだが、使いづらいスクリーンキーボードを打つ必要はなく、最新機能のスクリブルを使うと便利だ。
 Apple Pencilで手書きした文字がどんどんテキストになるのは快感だ。さらに、誤認識された文字は、取り消し線を引くように操作すると消すことができるのだ。こんな操作をOSレベルでサポートしているのが、iPadの最大の魅力だ。

スクリブルは非常に便利だ

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。