ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/07/11

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第2回

ライバル企業のビジネスモデルを暴く方法



『成功企業に潜む ビジネスモデルのルール』山田英夫・著

目の上のたんこぶ、あるいは遙か高みに位置するライバル企業たち。彼らが成功した理由――ビジネスモデルを真似てもなぜか成果が出ない。そんなときは本書を読んで、裏に潜む「真のビジネスモデル」を探し当てよう。意外なところに大儲けの理由が隠されているはずだ。

文/成田全


見えない、見えにくい部分にこそビジネスモデルの秘密がある

 検索エンジンで検索をかければ億単位でヒットする、誰もが普通に口にしている言葉「ビジネスモデル」。『大辞林』によると、その意味は「利益を生み出す仕組み。特に、情報技術やインターネットを利用して、消費者や取引先とのアクセス手段・商品や行為の選択・決済・配送まで一連の経済行為をシステム化し、さらにそれをモデル化したものを指す場合が多い」とある。

 この「システム化」「モデル化」こそ、ビジネスモデルの中で知りたいことだ。他社がどう儲けを出しているのか、そこにはどんな秘密があるのか……しかし参考にしようと検索エンジンで探しても、そこには狙ったようなことは出てこない。それは探している側が望むような参考例に「ビジネスモデルというタグ」がふられていないからだ、と指摘しているのが今回ご紹介する『成功企業に潜む ビジネスモデルのルール』だ。

 著者である早稲田大学ビジネススクール教授の山田英夫氏は「はじめに」で、こう書いている。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロモーション

ピックアップ

ランキング

プロモーション

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。