ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/08/08

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第3回

10年後、便利で清潔で安全な日本は崩れ始める――少子高齢化の恐怖を見える化した一冊



『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』河合雅司・著

皆が働き、生鮮食品をいつでも買えて、治安が良い――。そんな「当たり前の日常」が10年後には崩れ始めるかもしれない。原因は、少子高齢化。働き方改革の原点ともいえるこの問題がいかに深刻か、具体的かつ身近な例を挙げて示してくれるのが今回紹介する本だ。※画像はイメージです。

文/成田全


企業や個人に起きる「ミクロな問題」について解説

 総務省の統計によると、日本は少子高齢化の進行により、1995年の8716万人をピークに生産年齢人口(15~64歳)が減り続けていて、総人口も2008年の1億2808万人をピークに減少に転じている。少子化には歯止めがかからず、高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)ばかりが上昇していて、人口減少社会はすでに現実のものとなっている。2060年の総人口は2010年の統計に比べ32.3%減の8674万人、生産年齢人口は同じく45.9%減の4418万人にまで減ってしまうと推計されているのだ。

 しかし「減っている」という事実は知っているものの、それが社会でどんな問題となるのか、そして自分にどんな影響が出てくるのかまでは案外と考えが至らないものだ。それを身近な例から提示し、解決策を探るのが『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』だ。

 著者の河合雅司氏は、前作『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』で政府や自治体などが取り組むべきマクロの問題について論じたが、『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』では、サブタイトルにあるように「あなたに起きること」、つまり企業や個人に起きるであろうミクロの問題について解説している。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。