ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/02/06

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第8回

あなただけのプチ働き方改革を明日から始める方法が一冊に


『仕事がサクサク終わって早く帰れる 自働大全 驚きのスマホ&PC活用法で〈自分働き方改革〉』戸田覚 著

働き方改革は自分でも始められる。PCとスマホ、そしてちょっとしたアイデアを駆使して10分単位の時短を積み重ねれば、お仕着せのノー残業デーよりも効率的に残業時間を減らせるのだ。この本にはその「ちょっとしたアイデア」が一冊にまとまっている。

文/成田全


「自働=ジバラ」についての最新ノウハウが満載

 2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」で、働き方改革に関連する「高プロ(高度プロフェッショナル制度)」と「時短ハラスメント(ジタハラ)」がノミネートされた。「働き方改革関連法案」が成立し、日本の労働環境や働き方は大きな転換点を迎えたが、「高プロ」「ジタハラ」が選ばれたということは、働きやすさを実感できている人がまだ少数派ということなのだろう。

 そこで今回ご紹介したいのは、ビジネス書作家、IT評論家の戸田覚さんの著書『仕事がサクサク終わって早く帰れる 自働大全 驚きのスマホ&PC活用法で〈自分働き方改革〉』だ。スマートワーク総研で連載中の「戸田覚の週刊『ジバラ』―自分働き方改革のススメ」でも、IT技術やスマートフォン、パソコンなどを活用した時短や仕事の効率化の様々なヒントやアイデアが紹介されているが、本書も働く人ひとりひとりが取り組める効率化である「自働」(この場合の自働は「じどう」ではなく「ジバラ」と読む)についての、最新のノウハウが詰まった一冊になっている。

会社も上司も教えてくれない「効率化」は自分で探せ!

 戸田さんは週刊『ジバラ』」の第1回で、「なぜ、企業や政治の取り組みだけでは不十分なのか?」と題し、歴史上働き方が変わるのはひとえにビジネスのトレンドの変化によるものであり、政治の力ではないこと、そして会社の規模や取り組み方などによっては働き方改革の推進が難しい場合もある、と指摘している。それを踏まえた上で、「現実的に私たちが自分で取り組めるのは、ちょっとした働き方改革だけなのだ。だが、細かなことだからといってバカにしてはいけない。5分、10分の効率化を積み重ねることで、週に数時間、月間で数十時間の効率化につながる」と、会社の方針を待っているのではなく、個人が率先して日々の仕事や業務での無駄を省くことの重要性を説いている。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。