ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/06/25

ジャイアン鈴木の「仕事が捗るガジェット」 - 第38回

撮って出しの画質は個人向け最高クラス! 縦方向ビデオ撮影にも対応したウェブカメラの決定版


ロジクール「StreamCam C980」実売価格2万350円(税込)

新型コロナウイルス感染症にかかわる緊急事態宣言解除後も、全国的にテレワークが推奨されており、ビデオ会議の機会がいまだ多いことと思います。そんなビデオ会議で重要となってくるのがウェブカメラのクオリティー。今回は、ウェブカメラの販売台数ランキングで首位常連のロジクールの最新モデル「StreamCam C980」のレビューをお届けします!

文/ジャイアン鈴木


フルHDで60fpsの高画質で多機能なモデル

「StreamCam C980」は、ロジクールの個人用途のウェブカメラとしては最も高画質なモデルです。最大解像度はフルHD(1080p)、最大フレームレートは60fps。10cm以上で動作するオートフォーカス機構と自動露出調整機構が搭載されており、WindowsマシンやMacに接続するだけですぐに高画質な映像でビデオ会議が可能です。

ロジクールによれば、StreamCam C980はゲーム実況やVlogなどの動画配信者向けに開発された製品とのことですが、そのクオリティーは当然ビデオ会議にも活かされるはずです。

最大解像度はフルHD(1080p)、最大フレームレートは60fps。レンズはフルHD解像度に最適化されたガラス製が採用されています。視野角は78度です

本体以外に、モニターマウント、ユニバーサルモニターマウント、説明書類(クイックスタートガイド、保証書、保証規定、3ヵ月間のXSplitプレミアムライセンス)が同梱されています

本体サイズは58×48×66mm、重量は150g。標準でディスプレイの上に装着するための「モニターマウント」、三脚などに装着するための「ユニバーサルモニターマウント」が付属しています。USBケーブルの長さは1.5mで、端子にはUSB Type-Cが採用されています。最近のMacなら問題ないですが、Windowsマシンで使用する場合にはUSB Type-C端子が余っているか、USB Type-Aしかない場合は変換アダプターを用意するなど確認しましょう。

ケーブル長は1.5mで、端子にはUSB Type-Cが採用されています

左がモニターマウント、右がユニバーサルモニターマウント

ディスプレイの上に装着するためのモニターマウントは、ディスプレイの厚みを問わずしっかりと装着可能です

「ユニバーサルモニターマウント」は三脚などに装着する際に使用します

挿すだけで使える専用ソフト「Logicool Capture」で本領を発揮!

単にウェブカメラとして使うだけなら、WindowsマシンまたはMacにStreamCam C980を接続するだけでOK。デバイスドライバーをインストールする必要なく、そのまま使えます。

ただし画質を設定したり、写真や動画を撮影したりするのであれば専用ユーティリティー「Logicool Capture」をインストールしましょう。従来のウェブカメラで使用されてきた「Logicool カメラ設定」も利用可能ですが、「Logicool Capture」のほうが多機能で、設定項目も豊富です。

Windows PCにStreamCam C980を接続すると、自動的にデバイスドライバーが設定されます

Logicool Captureには、優先度(フレームレート/露光量)、バックライトの補正、オーディオチャンネル(デュアルモノラル/ステレオ)、画像の固定化、自動フレーミング、オートフォーカス、自動ホワイトバランス、画像設定(輝度、コントラスト、シャープネス、色の強さ)、アンチフリッカー(50Hz/60Hz)、クロマキー、詳細設定(ソースを水平に反転/ソースを垂直に反転)などの設定項目が用意されています

自動フレーミングを有効にすると、ユーザーの顔が中心に来るように自動的に追いかけ続けます

この自動フレーミングは、「Logicool カメラ設定」では利用できません

また縦方向ビデオ撮影もLogicool Captureだけの機能です。Logicool カメラ設定のほうが、シンプルな構成で機能を把握しやすいですが、StreamCam C980の全機能を活用するためにはLogicool Captureを使うことを強くオススメします。

StreamCam C980を横位置から縦位置に切り替えれば……

Logicool Captureでは自動的に画面が回転し、スマホでの再生に最適な縦方向ビデオ撮影が可能です

旧型のフルHDウェブカメラを上回る解像感、忠実な色再現

さて肝心のStreamCam C980の画質については、現在筆者がメインのウェブカメラとして使っている同じロジクールの「B525 Foldable Business Webcam」と比較してみました。フレームレートは30fpsですが、解像度はStreamCam C980と同じくフルHD(1080p)です。

スペック上の解像度は同じですが、実際に見比べてみると明らかにStreamCam C980のほうが解像感は高いです。また色味もStreamCam C980のほうが実際の色に忠実ですね。もちろんホワイトバランスを調整すればB525 Foldable Business Webcamも正しい色で撮影できますが、StreamCam C980は設定なしにこの色再現性を実現しています。一度StreamCam C980を使ったら、もうB525 Foldable Business Webcamには戻れないというのが率直な感想です。

左がB525 Foldable Business Webcam

左がB525 Foldable Business Webcam、右がStreamCam C980の画像。このように比較してみると、StreamCam C980のほうが健康そうに見えます

ビデオ会議で好印象を与えられるウェブカメラだ!

旧型のウェブカメラでも画質を改善することはできますが、StreamCam C980はほぼオートマチックで、忠実な色でのビデオ会議可能です。暖かみのある色合いで写してくれるので、打ち合わせや商談で相手に与える印象がよくなること間違いなしですよ!

どちらが企画を通せるのか? どちらが契約を取れるのか? 結果は言うまでもありません

ジャイアン鈴木

筆者プロフィール:ジャイアン鈴木

EYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターとして活動を開始しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。