ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/01/19

Microsoft 365で業務効率アップ!

【第80回】Excelの機能を200個以上増やすRelaxToolsを活用(2)


RelaxToolsの便利な機能を紹介していく。今回は一般的に役立つ可能性の高い機能を紹介するが、業務内容によっては他にも膝を打つようなものもあるはずだ。とにかく種類が多く、Excel 2003など古いバージョンが混在している会社に役立つような機能まで含まれる。アドインらしく、機能はExcelのメニューから利用できるようになるので、とても使いやすいのだ。

文/戸田 覚


RelaxToolsは膨大な機能があるので、メニューを見ているだけでも楽しい

十字カーソルや変換が便利

 Excelで大きな表を扱っていると、自分がどこを見ているかわからなくなることがある。こんな時に役立つのが十字カーソルだ。簡単にオン・オフが切り替えられるので、ぜひ使ってみよう。

 意外に役立つのが全角と半角の切り替え機能だ。Excelでは式の中では半角の英数字を使う。ところが、タイトルなども半角にしてしまうと、フォントの見栄えがイマイチになる。とはいえ、半角で入力した文字列を全角に打ち替えるのは面倒すぎる。ということで、全角と半角を切り替える機能をぜひ使ってみたい。

十字カーソルで今いる場所がひと目でわかる

全角と半角の切り替えも便利だ

他にも便利な機能が盛りだくさん

 他にも便利な機能が盛りだくさんなので、順次紹介していこう。もちろん、全部で数百個の機能があるので、これでもごくごく一部だ。

 省力化という意味で、個人的に気に入っているのは、2つの範囲の入れ替えだ。Excelでは、これが結構面倒だった。

 また、Excel方眼を一発で作る機能は、ワイヤーフレームやレイアウト図などを作っている人には画期的な機能だ。Excel方眼については賛否両論があるが、便利なら使っても問題ないと思う。

2つの範囲を入れ替える機能がメニュー1発なのは便利だ

気の利いたデザインのコメントも簡単に入れられる

(上→下)図形のサイズを揃える機能もチャート作成には便利だ

Excel方眼もすぐさま作れる

筆者プロフィール:戸田 覚

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。