ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/12/14

Microsoft 365で業務効率アップ!【第128回】

サクサク情報を集める!Windows 11のウィジェットを活用(2)


Windows 11のウィジェットを使いこなす連載の2回目をお届けする。ウィジェットに表示する情報は、自分の好みで選択できる。カスタマイズしていくと、必要な情報を得られる便利な機能に育っていくわけだ。今回は、最終的に作業の管理ができることを目指し、Microsoft ToDoと組み合わせて利用する方法を紹介していこう。

文/戸田 覚


ウィジェットを追加・削除する

 ウィジェットに表示する情報は、画面の真ん中あたりにある「ウィジェットを追加」でカスタマイズでき、好みの内容を追加可能だ。なお、削除するなら、「…」メニューから操作できるが、追加はできない。

 メニューを開いて、青い「+」ボタンが表示されるウィジェットが追加可能だ。

「ウィジェットを追加」をクリックする

追加するウィジェットの「+」をクリックする

「エンターテインメント」が追加できた

タスク管理もウィジェットで

 ウィジェットには色々な種類があるが、今回推奨したいのが「ToDo」だ。このウィジェットは、「Microsoft ToDo」を利用できる。

 まずは、「ウィジェットを追加」で追加していく。最初はデータのないToDoの画面が表示されるので、やるべきことを入力しよう。基本的にはToDoリストなので、箇条書きでやるべきことを書いていき、終わったらチェックをつけて消せばいい。

 タスクリストの利用にも対応しているので、カテゴリーでやるべきことを仕分けできる。ただし、ウィジェット上から新しいタスクリストを作成できないので、必要ならウィジェットをクリックして、アプリから追加しよう。

ToDoのウィジェットを追加した

タスクを記録していくことができる

チェックマークをつけて終わった作業を消していく

タスクリストにも対応する

 ToDoはスマホとも連携できるのが便利なポイントだ。スマホではアプリ「Microsoft ToDo」をインストールする。Windows 11と同じMicrosoftのアカウントでログインすれば、同じ内容のTODOを使える。

 パソコンのウィジェットで常にやるべきことを確認し、出先ではスマホから素早くチェックできる。うっかり忘れを防止できるようになるはずだ。

スマホでもMicrosoft ToDoで同じデータを利用できる。画面はiPhoneだ

筆者プロフィール:戸田 覚

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。