ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

内部からの情報漏えいの経路をクラウドを含めて全方位で監視・制御できる

ソリューションNo: B1166 情報更新日: 2018/05/28

特定データの監視・制御や、USBデバイスの細かい制御など柔軟な運用で利便性も確保

情報漏えいを防止するには情報を持ち出す経路を遮断することが重要です。その経路とはUSBメモリーやCDおよびDVDへのデータの書き込み、インターネットを経由するファイルのコピーやメール送信、さらには情報が記録されたPCやタブレットなどのデバイスの盗難・紛失などが挙げられます。このようにエンドポイントにおける情報漏えい防止にはさまざまな対策が必要となりますが、DeviceLock DLP Suiteを使えば万全です。DeviceLock DLP SuiteはPCのUSBポートやCD/DVDドライブ、スマートフォンやタブレットなどの外部デバイス制御に加えてインターネットを介したファイルのコピーや送信の制御など、個人情報や情報資産などの不正な持ち出しや盗難・紛失による情報漏えいを防止できるからです。従来の単純なデバイスポート制御に加えて、あらかじめ決めておいたルールに合致するデータが外部デバイスに書き出されるのを監視してブロックするとともに、Windowsのさまざまなプロトコルを制御することで情報漏えいを全方位で未然に防ぎます。

製品・サービス名DeviceLock
メーカー名ラネクシー
対応OSWindows
製品・サービスURL http://www.devicelock.jp/article
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 不要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

業務でマイナンバーを含む個人情報を扱わなければならないが情報漏えいが不安だ・・・

持ち出されるデータにマイナンバー情報が含まれているかを識別して、含まれている場合はデバイスへの書き出しを禁止できます。

課題
2

メールやクラウドストレージ、SNSなどのネットワーク経由での情報漏えいを防ぐことができない・・・

Windowsのさまざまなプロトコルを制御することで、ネットワーク経由での情報漏えいも防ぐことができます。

課題
3

私物のUSBメモリーやスマートフォンが会社の業務PCに接続されてしまい、データを持ち出されてしまう恐れがある・・・

USBデバイスホワイトリスト機能によって会社から許可されているデバイスのみを使用させることにより、私物デバイスの不正使用を排除して情報漏えいを防ぐことができます。

特長

特徴
1
情報漏えいを全方位で防止できる

USBメモリーだけでなく外付けHDD、SDカードおよびカードリーダー、CD-R/DVD-R、FireWire、赤外線、Wi-Fi、Bluetooth、スマートフォンやタブレット、プリンターなど、ほぼすべてのデバイスに対してそれぞれにアクセス制御が設定できます。さらにWindowsのさまざまなプロトコル(インターネット、クラウドストレージ、メール、SNS、IMなど)の制御と証跡の取得をクライアント単位で行え、ネットワーク通信による情報漏えいも防ぐことができます。

特徴
2
管理サーバー不要で導入・運用がらくらく

管理対象のクライアント用エージェント「DeviceLock Service」に対してポリシーなどを適応させる際、DeviceLockの管理用ツール(無償)を管理者などのPCにインストールして使用するため管理サーバーなど別途ハードウェアは不要です。ネットワークに接続されている「DeviceLock Service」の集中管理ができ、低コストで効率的なセキュリティ対策の一元管理を実現できます。

特徴
3
USBデバイスの利便性を活かしたセキュリティ対策も可能

情報漏えいを意識するあまりUSBの利用を一律に禁止してしまうと、利便性と生産性が低下してしまいます。「DeviceLock」ではデバイスの利用に際してフルアクセス、アクセス権なし、読み取り専用といった細かいセキュリティポリシーをユーザーおよびグループごと、曜日や時間ごとに設定できます。またUSBホワイトリスト機能を使えば、USBメモリーに付与されているベンダーIDやプロダクトID、シリアルナンバーを元に、特定のデバイスにのみアクセス許可を与えることができ、USBデバイスの利便性を活かしながらセキュリティ対策が強化できます。

特徴
4
DeviceLock操作ガイド「インストール編」

DeviceLockトライアル版を初めてご利用いただく方を対象に、DeviceLockの基本的な操作をご理解いただくことを目的とした動画です。

貸出機・トライアル

下記URLからお申し込みフォームに必要事項をご記入いただき、お申込みください。ダウンロードURLをご連絡いたします。
https://lmsg.jp/form/10055/vY2iqYum

システム要件

詳細は以下HPをご確認下さい。
http://www.devicelock.jp/system

ご購入方法

DeviceLockは、ライセンス(初年度保守契約含む)をご購入いただくことで、ご利用いただけます。ライセンスは導入するクライアントPCの台数分必要となります。インストールプログラムはダウンロードによる提供ですが、別途メディアキットをご希望の場合は有償でのご提供も可能です。

型番・価格

ラネクシー

DeviceLock8.2 DLP Suite ライセンス 1-24

メーカー型番: DL82SLS-24 標準価格: \19,200

ラネクシー

DeviceLock8.2 メディアキット

メーカー型番: DL82MK 標準価格: \5,500

ラネクシー

DeviceLock8.2 DLP Suite 年間保守更新 1-24

メーカー型番: DL82SH-24 標準価格: \3,410

ラネクシー

DeviceLock8.2 アカデミック DLP Suite ライセンス 1-24

メーカー型番: DL82SLAS-24 標準価格: \15,400

ラネクシー

DeviceLock8.2 アカデミック メディアキット

メーカー型番: DL82MKA 標準価格: \4,600

ラネクシー

DeviceLock8.2 アカデミック DLP Suite 年間保守更新 1-24

メーカー型番: DL82SHA-24 標準価格: \2,730

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR、コメント

DeviceLock DLP Suiteは、内部から持ち出してはいけない重要なデータを特定し、監視をするエンドポイント対策のソフトウェアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。