ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCからの外部デバイスの利用を管理してファイルの持ち出し、持ち込みを制御

ソリューションNo: B1180 情報更新日: 2019/03/20

申請・承認による一時的な利用許可により利便性とセキュリティを両立

PCに保管されている情報はUSBメモリやSDカードなどの外部記憶メディアをはじめプリンタへの出力、スマートフォンやタブレットを接続して転送するなどさまざまな方法で持ち出し、持ち込みができ、情報漏えいなどのセキュリティインシデントを未然に防ぐには情報の出入口の管理が必要です。その管理が容易かつ安全、便利に行えるのがアルプスシステムインテグレーション(ALSI)の「InterSafe デバイス管理セット」です。InterSafe デバイス管理セットはPCからのUSBメモリーやスマートフォンなどの外部デバイスの利用管理をはじめ、ネットワーク利用制限やプリンタの利用制御、さらには外部メディアへのファイルの持ち出し、持ち込みの制御など詳細な管理が行えます。PCから外部デバイスへのデータの持ち出しを禁止しながらも、申請・承認を経て一時的に外部デバイスの利用を許可したり、ファイルの持ち出しを許可したりできるなど。柔軟な運用によって利便性を犠牲にせずに情報漏えいを防止できます。

製品・サービス名InterSafe デバイス管理セット
メーカー名アルプスシステムインテグレーション
対応OSWindows
製品・サービスURL https://www.alsi.co.jp/security/isfl/features/
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 必要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

外部デバイスは自由に利用させたくないが利用しなければならない場合がある・・・

デバイスの利用を承認制にすることで必要に応じて外部デバイスの利用を許可できるほか、特定の外部デバイスの利用のみを許可することもできます。

課題
2

外部デバイスのすべてを利用させるのはリスクが高いので特定のファイルのみの持ち出しを許可したい・・・

特定のファイルの持ち出しを許可できます。持ち出し時はパスワードを付与した暗号化ファイルに強制変換できるため、持ち出し後のセキュリティも確保できます。

課題
3

インシデント発生時に申請履歴や持ち出したファイルの確認をしたい・・・

持ち出したファイル名やユーザーなどの情報を管理サーバーに保存します。ファイルの持ち出しを許可した場合は、サーバーに原本保存もできます。

特長

特徴
1
外部デバイス利用時の申請・許可を自動運用できる

外部デバイスの利用は特定の外部デバイスに限定し、利用期間も設定できます。設定後は申請・許可を自動で運用できます。

特徴
2
特定のファイルのみの持ち出し申請・許可ができる

特定ファイルの持ち出しのみ許可できます。持ち出し時は外部デバイスに書き出す際にパスワードを付与した暗号化ファイルに強制変換ができるため、持ち出し後のセキュリティも確保できます。

特徴
3
インシデント発生時に役立つログ機能

申請・承認の履歴や持ち出しファイルの原本などのログを保存でき、インシデント発生時に被害対象や利用者を特定することができます。

特徴
4
至急のファイルの持ち出しにも対応できる柔軟性

すぐに必要なファイルを持ち出したい場合は「クイック書出しオプション」で、承認者にもなる上長が申請や承認を行わず「自己承認」によるファイルを持ち出すことができます。ファイルの持ち出し時はファイルの原本の保存と、持ち出しファイルを暗号化ファイルに強制変換できます。

特徴
5
2分でわかる「デバイス管理セット」

貸出機・トライアル

デバイス管理セットはInterSafe ILPのシリーズにてトライアルとなります。
以下のURLよりお申し込みをお願いします。
https://www.alsi.co.jp/security/ilp/trial/

システム要件

■サーバ要件
  Microsoft Windows Server 2008 Standard / Enterprise SP2 ※ 32bitのみ
  Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise SP1
  Microsoft Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
  Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition
※日本語OSのみ対応

■クライアントPC要件
  Microsoft Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate / SP1
  Microsoft Windows 8.1 Pro / Enterprise
  Microsoft Windows 10 Pro / Enterprise
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応

  Microsoft Windows Server 2008 Standard / Enterprise SP2 ※ 32bitのみ
  Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise SP1
  Microsoft Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
※日本語OSのみ対応

以下のURLにて詳細のご確認をお願いします。
https://www.alsi.co.jp/security/isdc/operating/

ご購入方法

・ライセンスは最低5本からのご購入が必要です
・本体のご購入と同時に初年度よりサポートサービス費(保守)の加入が必須となります
・ご購入の際は別途申請書が必要になります

型番・価格

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe デバイス管理セット(DC+FL)(一般)(クライアント数:1-99)

メーカー型番: IL2A0001 標準価格: \7,200

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe DeviceControl クライアントライセンス(一般)(クライアント数:1-99)

メーカー型番: ILDA0001 標準価格: \5,000

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe WorkFlow クライアントライセンス(一般)(クライアント数:1-99)

メーカー型番: ILWA0001 標準価格: \3,000

アルプスシステムインテグレーション

IS デバイス管理セット(DC+FL)(一般)(1-99)年間サポート

メーカー型番: IL2A0001-1H 標準価格: \1,080

アルプスシステムインテグレーション

IS DeviceControlクライアントライセンス(一般)(1-99)年間サポート

メーカー型番: ILDA0001-1H 標準価格: \750

アルプスシステムインテグレーション

IS WorkFlowクライアントライセンス(一般)(1-99)年間サポート

メーカー型番: ILWA0001-1H 標準価格: \450

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR、コメント

デバイス制御から持ち出し管理までアルプスシステムインテグレーションにお任せください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。