ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能と流入経路追跡で検知率99%を実現する次世代型マルウェア対策

  • 製品 / サービス名:LanScopeCat プロテクトキャット年間使用ライセンス
  • メーカー / ベンダー名:エムオーテックス
  • 対応OS:Windows / macOS
  • サーバー環境:必要

情報更新日: 2021/05/07 No: B1606

こんな課題を解決します


多重防御をしてもすり抜けるマルウェアにも対応したい

マルウェアの静的情報から実行前に止める次世代型AIエンジンを搭載するプロテクトキャットは未知のマルウェア検知率99%を誇ります。毎日のパターンファイルの更新も不要です。

業務PCでウイルス感染が発覚したので他のPCに拡散していないかを確認したい

プロテクトキャットはどのPCで何件の外部脅威があったかを管理画面からワンクリックで把握できます。さらにどんなマルウェアに、感染した原因までを追跡できます。

ウイルス感染時に感染の原因を特定し再発防止を講じたい

プロテクトキャットは感染原因となるユーザーの操作を把握でき、再発を防止できます。社内ポリシーの見直しや強化、ユーザーへのセキュリティ教育にも役立ちます。

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

特長


ポイント 1
人工知能と流入経路追跡で検知率99%(※)を実現

「LanScope Cat プロテクトキャット」はマルウェアが動く前に人工知能が検知・解析を行い、リスクのあるファイルは自動で隔離するためマルウェアが実行されることはありません。

※2018 NSS Labs Advanced Endpoint Protection Test結果より

ポイント 2
原因を特定して再発を防止できる

管理画面のカレンダー上に検知した脅威がアイコン表示され、それをクリックすると誰のPCでどんなマルウェアが何件発見されているかが確認できます。また同じマルウェアがほかのPCで発見されていないかも確認できます。さらに端末の操作ログからマルウェア流入前後に行っている操作を追跡することで再発防止につなげられます。

ポイント 3
パターンファイルの更新が不要で運用が楽

シグネチャのようにパターンファイルの更新が不要です。また人工知能が脅威として検知したファイルの要素を解析して「マルウェアらしさ」をスコアリングし、分析結果を詳細にレポートします。さらにほかのユーザーが行った「隔離」や「許可」などの設定状況を参照して、ファイルへのアクションを判断することができます。判断を適用後は該当ファイルが自動で隔離されるため、管理者に手間がかかりません。

ソリューション関連商品一覧


LANSCOPE オンプレミス版 マルウェア対策ライセンス年額(100-250)
  • 標準価格:\9,200
  • メーカー名:エムオーテックス
  • メーカー型番:CAT/PTCAT18-A-M

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。