ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイルサーバーに点在する個人情報を総点検!適切なアクセス権を設定して情報漏洩対策を強化

ソリューションNo: C1022 情報更新日: 2017/04/06

ファイルサーバーの安全で効率的な運用管理を実現するソリューション

業種や規模を問わず企業の社内には膨大な量の情報が存在します。その情報はファイルサーバーに保管されていることでしょう。そのファイルサーバーに保管されている情報には日常業務で利用する情報と、決して外部に流出させてはいけない機密情報や個人情報などが混在しているのではないでしょうか。情報漏洩事故の7割は内部犯行によると言われており、アクセス権が適切に設定されていない場合は情報漏洩のリスクが高くなります。そこで「NIAS」(NEC Information Assessment System)を活用して社内のファイルサーバーに点在する個人情報などの機密情報を総点検し、アクセス権を設定することをお勧めします。アクセス権を適切に設定することで情報漏えいのリスクが大幅に減らせます。さらにNIASの自動整理機能でファイルサーバーに格納されているデータに保存期間を設定し、超過したらデータを自動的に移動・削除することで情報漏えいのリスクを低減することも可能です。

製品・サービス名NIAS V3.3
メーカー名NEC
対応OSWindows
製品・サービスURL http://jpn.nec.com/nias/
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 必要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

個人情報を含むファイルがどこにあるか把握できていない・・・

ファイルサーバー内の個人情報が含まれているファイルを検出し、隔離や削除で情報漏えいのリスクを低減します。

課題
2

ファイル/フォルダーへのアクセス権が適切に設定されているか把握できていない・・・

アクセス権の設定状況を見える化し、シングルウィンドウで確認でき修正も可能です。また、ツリービュー上でフォルダのアクセス権の設定状況を簡単に比較できます。

課題
3

ファイルサーバーの内容が管理されておらず、容量の無駄とセキュリティの不安が生じている・・・

不要と思われるファイルのリストを利用者にメールで送付し、整理の依頼や長期未参照ファイルなどを洗い出し、自動的に整理できます。

特長

特徴
1
ファイルサーバーに点在する個人情報を含むファイルをリスト化し、優先度を付けて棚卸

機密情報がどこにあるかを見える化し利用者に是正処置を促すことにより、ファイルサーバーのセキュリティ対策を強化します。

特徴
2
アクセス権の棚卸や修正を一括で実施

ファイルやフォルダーの個別設定だけではなく、上位フォルダーの設定を下位フォルダーに継承することも可能となり、作業者の負荷を軽減します。またスケジューリング機能によってあらかじめ設定したアクセス権を指定日に反映できるなど、作業負荷の平準化も可能です。

特徴
3
肥大化したファイルサーバーを整理

指定した期間で更新されていないファイルや参照すらされていないファイルなど、不要と思われるデータをリスト化し利用者側へ削除を促すことが可能。あらかじめ定めたポリシーに基づき自動整理も可能となるため、管理者の作業負荷も軽減します。

貸出機・トライアル

手順1
下記製品ページに記載されている「ソフトウェアの使用許諾条件」をご確認いただき、同意いただける場合は、“同意します”ボタンをクリック
http://jpn.nec.com/nias/license_agreement.html?
手順2
評価版または体験サイトのどちらかにチェックを入れ、必要事項をご記入のうえお申込みください。
※評価版をご希望の場合は、お客様にてNIAS用の管理サーバーを別途ご用意いただく必要がございます。

システム要件

【OS】
Windows Server 2008/2008 R2、Windows Server 2012/2012 R2、Windows Storage Server 2008 R2/2012/2012 R2
【CPU】
Dual Core以上(Quad Core推奨)
【メモリ】
4GB以上
【ディスク空き容量】
対象容量1TB当たり約10GB
【Web管理画面表示】
運用管理者:Internet Explorer 9/10/11
一般利用者:Internet Explorer 9/10/11
【対応仮想化ソフト】
VMware、Hyper-V
【対応ファイルサーバ】
NTFS、CIFS共有
【動作確認済みストレージ機】
NetApp:FAS3200シリーズ/FAS2200シリーズ/FAS2000シリーズ
EMC VNX:VNX5200~8000 ※VNX5100は非対応
EMC Isilon:Isilon X200/Isilon S200
EMC Unity:Unity 300~600/Unity 300F~600F
NEC iStorage:iStorage NSシリーズ/iStorage NV(NV7400)(※1)/iStorage HS(HS8-20R)(※2)/iStorage Mシリーズ NAS オプション(※3)

※1 iStorage NVの場合、WORKGROUP環境では、ReadyNASのセキュリティモードをユーザモードにすることを推奨します。
※2 iStorage HSの場合、WORKGROUP環境では、所有者変更、権限確認・操作に対応しておりません。
※3 iStorage Mシリーズ NASオプションの場合、WORMファイルシステムに対応しておりません。
※4 上記に記載がないストレージ機器でもCIFS共有された領域であればサポートいたします。

型番・価格

NEC

NIAS V3.3(基本ライセンス(1TB))(1年間保守つき)

メーカー型番: UL1379-H501 標準価格: \620,000

NEC

NIAS V3.3 リソース管理オプション(基本ライセンス1TB)(1年間保守つき)

メーカー型番: UL1379-H505 標準価格: \620,000

NEC

NIAS 個人情報検出オプション(BASE)(1年間保守つき)

メーカー型番: UL1379-H506 標準価格: \620,000

メーカー担当者からのPR、コメント

「NIAS」はファイルサーバーの安全で効率的な運用を実現するツールです。頻発する容量不足に対応を迫られることはなく、必要なファイルだけを残す運用が容易に実現可能です。さらに、管理が困難なアクセス権の適正化や個人情報の適切な管理も可能となり、情報漏えいのリスクを低減することができます。また、DISグループとNECが、予めNIASを初期セットアップした「ファイルサーバーソリューションパック」をご用意しています。
詳しくは下記URLまで
http://www.idaten.ne.jp/portal/page/in/x1618_nec/index.html
(iDATEN(韋駄天)へのログインが必要です)
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。