ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

野良NAS対策!複数のストレージを集約し高機能のファイルサーバーへ

ソリューションNo: C1071 情報更新日: 2019/09/11

仮想ストレージによる運用の効率化とコスト削減!BCP対策やDRでデータのリスク管理をトータルで実現

システムごとに運用しているストレージや部署ごとに導入したNASなど、社内にはストレージが散在しています。しかしどのストレージにも貴重なデータが格納されており、すべてを的確に管理しなければ情報漏えいやデータ消失などの深刻な問題が発生してしまいます。また散在は容量の無駄が発生し、管理に手間がかかるなどコストの観点からも問題です。このように散在して稼働しているストレージを統合管理して、リスクとコストの問題を解決できるのがストレージ仮想ソフト「VVAULT」です。VVAULTを導入すれば内蔵のSSDやHDDをはじめ外付けのHDDやネットワーク経由でのNASに至るまで、Windows OSで認識できる全てのストレージを統合して大容量の仮想ドライブが構築できます。全社のストレージ容量を効率よく利用でき、バックアップや冗長化、遠隔地へのデータレプリケーションおよび各種リカバリーなどBCPやDR、さらにはランサムウェア対策も実施できます。

製品・サービス名VVAULT Enterprise
メーカー名ソリトンシステムズ
対応OSWindows
製品・サービスURL http://vvault.jp/index.html
  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 必要
  • クラウドサービス契約単位 月額 / 年額

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

ランサムウェア対策をしたいが何をすればいいかわからない・・・

社内の全てのデータをリアルタイムでバックアップできます。万が一暗号化されても瞬時に復元できます。仮想ストレージを利用するので低コストで実現可能です。

課題
2

社内に散在するNASからの情報漏えいが不安・・・

社内に散在するさまざまなストレージを統合して大容量の仮想ドライブが構築でき、データ管理とセキュリティ管理が容易かつ低コストで実施できます。

課題
3

BCP対策やDRを実施したいが必要なソリューションがわからない・・・

「VVAULT」に搭載されているレプリケーション機能を利用すれば、遠隔地でのバックアップや冗長化構成が実現できます。

特長

特徴
1
ダウンタイムゼロでバックアップ/リカバリーが可能で業務中断を阻止

「VVAULT」は仮想ドライブサービスを稼働させた状態で、データバックアップとリカバリーが可能です。仮想ドライブを常時監視して更新されたファイルを擬似リアルタイムでバックアップ用ストレージに複製するため、RPO(Recovery Point Objective:目標復旧地点)/RTO(Recovery Time Objective:目標復旧時間)の非常に短いバックアップが可能です。また破損したファイルをバックアップストレージから瞬時に復元するライブリカバリーや、ストレージ単位でデータを復元するストレージリカバリー、仮想ドライブシステムを復元するシステムリカバリーの3種類の復元方法をサポートしており、全てダウンタイムゼロで実行可能です。

特徴
2
使用頻度の算出と自動配置

ファイルの使用頻度を算出して階層化処理された最適なストレージへ自動配置します。ファイルの使用頻度を算出して日付の新しいファイルから速度が速いストレージへ配置することにより、頻繁に利用するファイルはいつでも速度の速いストレージに配置され、常に高いパフォーマンスを維持した運用が可能です。

特徴
3
可用性をさらに高めるHA(High Availability)機能

「VVAULT」のHA機能はレプリケーションを実施している環境下で、メインサーバーのマスタードライブが使用できなくなった場合に、スタンバイサーバーのレプリカドライブをマスタードライブに切り替えて、データをそのまま使用できるようにします。バックアップデータやタイムマシンデータもレプリケーション時に作成しているため、切り替え後も安心して使用できます。切り替え後はそのままマスタードライブとして使用し続けることも、復旧後にメインサーバーに切り戻すことも可能です。

システム要件

CPU:Intel x86/x64互換プロセッサ(Core i5以上推奨)
メモリ:2GB以上(4GB以上推奨)
ディスク容量:500MB以上の空き容量(インストール時)
画面解像度:XGA(1024x768)以上推奨
必要ソフトウェア:Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 , Microsoft .NET Framework 3.5 日本語Language Pack SP1
対応ブラウザ:Internet Explorer 8 以降
対応OS:Windows Storage Server 2008以降

型番・価格

ソリトンシステムズ

VVAULT Enterprise 新規・更新 1年

メーカー型番: VLT-EP-L-12M-S 標準価格: \400,000

ソリトンシステムズ

VVAULT Professional 新規・更新 1年

メーカー型番: VLT-PF-L-12M-S 標準価格: \200,000

ソリトンシステムズ

Soliton VVAULT Enterprise 新規・更新 1年

メーカー型番: VLT-SEP-L-12M-S 標準価格: \500,000

関連資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。