ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 7サポート終了に伴うPCの入れ替えに最適なツールセット

ソリューションNo: C1112 情報更新日: 2019/12/06

データ移行ソフトとデータ抹消ソフトをワンパッケージ化

2020年1月に迫ったWindows7の延長サポート終了に備え、企業ではWindows10搭載PCへの入れ替えを進めています。そこでおすすめするのが、「ファイナルパソコン引越しWin10特別版」と「ターミネータ10plus データ完全抹消」をセットにした「データ引越しパック」です。「ファイナルパソコン引越しWin10特別版」は国内の販売本数が累計1100万本を突破した、手順通りに進めるだけでデータの移行ができるPCデータ移行ソフトです。「ターミネータ10plus データ完全抹消」は、ハードディスクの初期化やフォーマットでは完全に消去することができないデータを世界水準の抹消方式にて復元できない状態に完全抹消することができます。この2つのソフトを活用することで、PCの入れ替えに伴う作業の手間を大幅に軽減できます。

製品・サービス名データ引越しパック
メーカー名AOSデータ
対応OSWindows
製品・サービスURL https://hikkoshi.finaldata.jp/
  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 不要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

使用中のPCデータを新しいPCへ移すのが大変

「ファイナルパソコン引越しWin10特別版」は移行プロセスの自動化によりWindows搭載PCのデータ引越しの手間と時間を大幅にカットできます。

課題
2

データ移行時の万が一の不具合が心配

万が一の場合に引越し前の状態に戻す「やり直し(アンドゥ)機能」や、同じPCを複数人で使用している場合の「複数アカウント対応」、中断してもすぐに再開できる「レジューム機能」など、便利な機能が充実しています。

課題
3

PCやサーバの廃棄・リサイクル時のデータ漏えいが心配…

「ターミネータ10plus データ完全抹消」はOSを含むディスクの全域を完全抹消し、データ復元ソフトによる復元を防ぎます。

特長

特徴
1
Windows 7のサポート終了に伴うPCの入れ替えに最適

「データ引越しパック」はPCデータ移行ソフト「ファイナルパソコン引越しWin10特別版」とPCのデータを丸ごと完全抹消する「ターミネータ10plus データ完全抹消」がセットとなっており、使用中のPCのデータを新しいPCに簡単に移行でき、処分するPCのデータを完全に抹消できます。
Windows 7のサポート終了に伴うPCの入れ替えをスムーズかつ安全に実施できます。

特徴
2
データの引越し方法が選べて、簡単にデータ移行が可能

専用USBケーブル、市販のLANケーブル、ネットワーク・WiFi、外付けハードディスク、USBメモリ、壊れたパソコンの内蔵HDD経由などの移行方法が使用できます。
多彩な移行方法で多くのPC引越しに対応でき、移行できるデータ・設定・アプリケーションも豊富です。

特徴
3
PC、HDD、サーバのリサイクルや廃棄時にOSを含む全てのデータを確実に抹消

フォーマットや初期化だけでは、マイナンバーなどの個人情報は復元できる状態になっています。
破棄したPC等からデータが悪用されることを防ぐため、「ターミネータデータ完全抹消」は、世界水準の抹消方式を簡単な操作画面で実行し、復元ソフトでは戻せないレベルまで抹消することができます。

システム要件

【ファイナルパソコン引越しWin10特別版】
対応機種:
PC/AT互換機
OS(オペレーティングシステム):
Microsoft Windows XP(SP3以上)※OSに起因する不具合が発生した場合は対応できません。
Microsoft Windows Vista(32・64bit対応)
Microsoft Windows 7(32・64bit対応)
Microsoft Windows 8/8.1(32・64bit対応)
Microsoft Windows 10(32・64bit対応)
CPU:
Intel Pentium 700MHz以上または互換のプロセッサを搭載し、前項のいずれかのOSが動作すること。
メモリ:
128MB以上かつ前項OSを実行できるもの
ハードディスク空き容量:
200MB以上のディスク空き容量(プログラムファイル用)
新しいパソコンには、古いパソコンからアプリケーション、ファイルや設定を移行するために、より多くのハードディスク空き容量が必要です。
下記Microsoft Visual C++ Redistributableが未インストールの場合、追加で100MB以上の空き容量が必要になります。
ディスプレイ:
16bitカラー XGA解像度以上のビデオ アダプタおよびモニタ
ディスプレイ設定で、テキストやその他の項目の大きさを変更している場合、これ以上の解像度が必要になります。
ドライブ:
CD-ROMもしくはDVD-ROMドライブ(CD-ROMでインストールする場合)
その他:
アクティベーションを行うためのインターネット接続環境
Microsoft Visual C++ Redistributable 2012(本ソフトウェアに同梱)


【ターミネータ10Plusデータ完全抹消 BIOS版】
▼ 対応機種
PC/AT互換機
※ NEC PC-98シリーズでは使用できません。
※ BIOS及びUEFIがハードディスクの容量を正しく認識していない場合には、正常に動作しないことがあります。

▼ システム必要条件
●CDまたはUSBメモリからブートさせる場合
OS:不要
CPU:300MHz以上のIntelまたは互換CPU
メモリ:
[DOS版プログラム] 2MB以上のRAM 
[Windows PE版プログラム] 512MB以上のRAM 
[独自OS版プログラム(UEFIモデル用)] 256MB以上のRAM
ディスプレイ:256色以上VGA解像度
ドライブ:2倍速以上のCD-ROMドライブ(CDからブートさせる場合)
※ダウンロード購入の方で、起動用CDを作成する場合は、未使用のCD-Rメディア・書き込み可能なCD-Rドライブ・CDライティングソフトを予めご用意ください。
メディア:初期化可能な4GB以上のUSBメモリ(USBメモリからブートさせる場合)
※起動用USBメモリは、Webサイトからツールをダウンロードして作成する必要があります。その場合はインターネットの接続が必要となります。
※起動用USBメモリを作成するには、4GB以上のUSBメモリを予めご用意ください。なお、USBメモリ内のデータは全て消去されますのでご注意ください。
●インストールして使用する場合 (本ソフトのCDまたはUSBメモリが必要です。)
OS:Windows XP/Vista/7/8(8.1)/10/Server 2003/Server 2008/Server 2012
CPU:上記のOSが正常に動作し、かつ300MHz以上のIntelまたは互換CPU
メモリ:上記のOSが正常に動作し、かつ512MB以上のRAM
ディスプレイ:65536色以上XGA解像度

▼ 対応インターフェース
IDE、E-IDE、SATA、SCSI、USB、IEEE1394(iLINK)
※ USB は「USB Mass Storage Class 仕様準拠」のデバイスのみに対応しています。

型番・価格

AOSデータ

データ引越しパック

メーカー型番: FPT-1LD 標準価格: \4,200

関連資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。