ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

限られた空間で効果的なプレゼンテーションを可能にするプロジェクター

ソリューションNo: C1116 情報更新日: 2018/06/06

1.2メートルの至近から100インチで投影、最大75%のレンズシフトも可能

商談や会議などで顧客や出席者に効果的なアピールをするには、鮮やかで大きな画像や映像が投影できるプロジェクターが不可欠です。しかし現場でプロジェクターを使用する際、PCとケーブルで接続するのに手間がかかったり、画面の投影位置を調整するのに時間がかかったり、プロジェクターを設置する場所と投影する壁の距離が近くて大きな画面を表示できなかったりするなど、いろいろと問題が生じます。そこでビジネスを有利に進めるのに役立つプロジェクターとしてお勧めしたいのが、キヤノンの「POWER PROJECTOR WUX500ST」「同WUX450ST」です。WUX500ST/WUX450STは1.2メートルの至近から100インチで投影可能な短焦点モデルで、最大レンズシフト量が75%と大きく幅広い設置環境に対応できます。さらに画像の四隅を個別に調整可能な「4点キーストーン補正」や滑らかなマルチ投影を可能にする「エッジブレンディング」を搭載するなど多彩な調整機能を利用いただけます。Wi-Fiにも標準対応しており、アクセスポイント経由のインフラ接続やPCとの無線ダイレクト接続によるワイヤレス投影が可能なのでスマートに設置・使用できます。またWUXGA対応反射型液晶「LCOS(エルコス)パネル」を採用しており、格子感のない滑らかな映像が再現できます。

製品・サービス名POWER PROJECTOR WUX500ST
メーカー名キヤノン
対応OSWindows / Windows Mobile / OS X(Mac) / iOS / Android / Chrome OS
製品・サービスURL http://cweb.canon.jp/projector/lineup/wux500st/index.html
  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 不要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

どのような設置環境でもスムーズにプレゼンテーションを開始したい・・・

1.2メートルの至近から100インチで投影可能で、最大レンズシフト量75%、画像の四隅を個別に調整可能な「4点キーストーン補正」や滑らかなマルチ投影を可能にする「エッジブレンディング」を搭載するなどさまざまな設置環境でスムーズにプレゼンテーションが開始できます。

課題
2

配線の手間やコストを削減したい・・・

Wi-Fiインターフェースを標準搭載し、パソコン画面のワイヤレスでの投写が可能※1。またHDBaseT™インターフェースを利用することで、映像・音声信号を一本のLANケーブル※2で最長100mの長距離伝送をすることが可能になります。
※1 ※2 以下「特徴2」参照

課題
3

さまざまな利用シーンで映像を活用したい・・・

離れた拠点間でインターネットを介して共有や操作が可能な「ミーティングモード」、教師がどの生徒のPC画面をどのプロジェクターで投影するかを自在にコントロールできる「クラスルームモード」、複数の会場や場所で一斉に映像を投影することができる「ブロードキャストモード」 など、ネットワークを活かした多彩な利用が可能です。

特長

特徴
1
短焦点かつ最大75%のレンズシフト量を実現

100インチの画面を1.2メートルの至近から投影できます。さらに最大レンズシフト量が75%と大きく幅広い設置環境に対応しています。

特徴
2
ワイヤレス投写にも対応

有線LANに加えてWi-Fiにも標準対応しており、アクセスポイント経由のインフラ接続や、PCとの無線ダイレクト接続によるワイヤレス投影が可能※1です。またHDBaseT™を利用することで非圧縮のHD映像/音声/制御信号を一本のLANケーブル※2で最大100mの長距離伝送が可能です。配線のシンプル化・低コスト化が図れ、劣化のない高画質映像を投影できます。

※1 付属のPCアプリ「Network Multi Projection」のインストールが必要です。
※2 カテゴリー5eシールドタイプ以上をご使用ください。

特徴
3
多彩な調整機能でどんな場所でもスピーディに準備できる

画像の四隅を個別に調整可能な「4点キーストーン補正」で、斜め方向からの投影でも適切な表示にスピーディに調整できます。また滑らかなマルチ投影を可能にする「エッジブレンディング」によって、2台のプロジェクターを使って画像を重ね合わせる際に生じる輝度差を調整でき、重なる部分が滑らかになり美しいマルチ投影を実現します。

特徴
4
明るい会議室でも鮮明かつ滑らかな映像が投影できる

WUX500ST/WUX450STでは反射型液晶「LCOS(エルコス)パネル」を採用して格子感がなく滑らかな映像を再現します。WUX500STでは短焦点モデルながら16:10のWUXGA(1,920×1,200ドット)の表示領域と5000ルーメンの高輝度、2000:1の高コントラスト比を実現し、明るい会議室でも鮮明な画質を実現できます。

特徴
5
利用機会を広げるNMPJ(ネットワークマルチプロジェクション)

NMPJ(ネットワークマルチプロジェクション)により、ネットワーク環境(LAN)を通して映像と音声の両方を配信可能です。離れた拠点間でインターネットを介して共有や操作ができる「ミーティングモード」や、教師がどの生徒のPC画面をどのプロジェクターで投影するかを自在にコントロールできる「クラスルームモード」、複数の会場や場所で一斉に映像投影できる「ブロードキャストモード」等の機能により、さまざまな利用シーンで活用できます。

※映像と音声の両方を配信可能です。
※NMPJソフトのインストールが必要です(プロジェクター本体からダウンロード)

型番・価格

キヤノン

POWER PROJECTOR WUX500ST

メーカー型番: 2136C001 標準価格: OPEN

キヤノン

パワープロジェクター WUX450ST

メーカー型番: 1204C001 標準価格: OPEN

キヤノン

WUX450ST/WUX400ST用天吊金具 RS-CL16

メーカー型番: 1214C001 標準価格: \140,000
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。