ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

平常時と災害時に臨機応変に活用できるWi-Fi環境を実現する

ソリューションNo: C1135 情報更新日: 2018/07/31

災害時は「緊急時モード」で管理下のAPを一括で公衆Wi-Fi化

災害発生時の通信手段の確保が課題となっています。とりわけ大規模な災害発生時は携帯電話回線が混雑して安否確認に利用しづらく、別の通信手段の利用が必要です。そこで固定回線をベースとする公衆Wi-Fiを無料開放し、社員だけでなく家族との連絡やネットラジオなどを利用した情報収集を行える環境とすることが有効です。バッファローの法人向け管理者機能を搭載した無線LANアクセスポイント(AP)とネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」を利用すれば、管理下の無線APを一括で一時的に公衆Wi-Fi化して開放することができます。平常時は業務用のAPとして、災害時の回線混雑時には社員だけでなく家族の安否や情報確認が可能な公衆Wi-Fiとして利用できます。業務用ネットワークと緊急時の公衆Wi-FiをVLANで切り分けることも可能です。また平常時は観光スポットや公共施設の公衆Wi-Fiとして、あるいは学校の校内ネットワークとして運用しているWi-Fiを、災害時の避難者用の通信手段として提供するといった活用方法もあります。

製品・サービス名法人向け 管理者機能搭載 無線LANアクセスポイント
メーカー名バッファロー
対応OSWindows
製品・サービスURL http://buffalo.jp/products/b-solutions/bousai/wi-fi/
  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 不要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

災害発生時、携帯電話回線の混雑により社内や家族の安否確認ができず不安・・・

社内Wi-Fiを一時的に公衆Wi-Fi化することで固定回線の安定した通信で情報のやり取りが行えます。

課題
2

観光スポットや公共施設などの公衆Wi-Fiを災害発生時に避難者に解放したい・・・

平常時はSNSアカウントやメール登録による認証で利用できる公衆Wi-Fiとして運用し、災害時は避難者に認証不要で解放できます。

課題
3

校内のWi-Fiを災害時に避難者に開放したい・・・

平常時は教職員用あるいは生徒の学習用に校内ネットワークとして利用し、災害時は避難者に開放することができます。

特長

特徴
1
平常時は業務用Wi-Fi、災害時はボタン一つで公衆Wi-Fiへ

パスワードの入力がなくても共通のSSIDを指定するだけでWi-Fi通信ができる「緊急時モード」を搭載しており、平常時は業務用として運用し、災害時はボタン一つで「緊急時モード」に切り替えて公衆Wi-Fiを開放できます。

特徴
2
業務用ネットワークと緊急時の公衆Wi-FiをVLANで切り分け

1台のアクセスポイントで複数のSSIDを設定できる「マルチSSID」に対応しており、SSIDごとに認証および暗号化方式を設定でき、1台でさまざまなセキュリティーポリシーを実現できます。802.1QタグVLANにも対応しており、タグVLAN対応スイッチとの組み合わせにより有線と無線でシームレスなVLAN設計が可能です。

特徴
3
さまざまな場所で緊急時に有効活用できる

企業の業務用Wi-Fiを災害時の社員の緊急連絡用に解放できるほか、観光スポットや公共施設の公衆Wi-Fiを災害時の避難者に開放したり、学校の校内ネットワークを避難者に開放したりできるなど、さまざまな場所で緊急時に有効活用できます。

システム要件

無線LANアクセスポイント WAPM-1266R
【対応OS】
Windows10/8.1/7/Vista(64ビット/32ビット)
【無線LANインターフェース部】
インターフェース:2.4GHz及び5GHz同時通信
準拠規格:IEEE802.11ac/IEEE802.11n/IEEE802.11a/IEEE802.11g/IEEE802.11b
伝送方式:直接拡散型スペクトラム拡散(DS-SS方式)、直交波周波数分割多重変調(OFDM方式)、単信(半二重)
周波数範囲(チャンネル):IEEE802.11a:5.18GHz~5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz (1~13ch)
データ転送速度:最大866Mbps(IEEE802.11ac)、最大400Mbps(IEEE802.11n)、最大54Mbps(IEEE802.11a、IEEE802.11g)、最大11Mbps(IEEE802.11b)
セキュリティー: WPA2-PSK(AES)、WPA2-EAP(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed EAP(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター
アクセス方式:インフラストラクチャモード、WDSモード
アンテナ:外部(External)、送受信(Tx / Rx):2 本、レーダー波監視用アンテナ×1(内蔵)
リピーター機能(WDS):対応(最大6台)
【有線LANインターフェース部】
準拠規格:IEEE802.3ab(1000BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3(10BASE-T)、IEEE802.3x Flow Control、IEEE802.1Q VLAN tagging
伝送方式:1000BASE-T(8B1Q4/4D-PAM5)、100BASE-TX(4B5B/MLT-3)、10BASE-T(マンチェスターコーディング)
アクセス方式:CSMA/CD
データ転送速度(規格値):10M/100M/1000Mbps(オートセンス)
スイッチングデータ転送方式:ストア&フォワード
アドレステーブル:MACアドレス 4096アドレス(自動学習方式)
転送距離:100m
端子数:2(AUTOMDIX対応)※PoE受電対応はLAN 1端子
端子形状:RJ-45型8極コネクター
【セキュリティー機能】
マルチSSID:最大32個(2.4GHz帯 16個、5GHz帯 16個)
タグVLAN(802.1Q):最大32個、VID=1~4096
その他機能:認証方式:オープン、共有キー、IEEE802.1X(TLS/TTLS/PEAP)、暗号化方式:WEP(64bit/128bit)、WPA2(AES)、プライバシーセパレーター(STA/SSID)、ポートベースVLAN、Any接続拒否(SSID隠蔽)、MACアドレスフィルター、管理ユーザーID/パスワード、電波出力制限機能
【サポート機能】
DFS障害回避機能、干渉波自動回避機能、電波環境見える化機能※1、リモート管理機能、電波出力調整、電波混雑防止機能、APSD、DTIM、Beacon Period、QoS、ロードバランス(接続台数制限)、MAC-RADIUS認証、内蔵RADIUSサーバー機能、Proxy ARP(プロキシ・アープ)機能
※1 管理ソフト「WLS-ADT」(別売)が必要
【USB端子】 1ポート(USB2.0 Type A)※USB Flash専用
【電源】 AC100~240V 50/60Hz(ACアダプター使用時)
【最大消費電力】 18W
【外形寸法】 W175×H200×D45mm
【質量】 約800g
【動作環境 ※結露なきこと】 温度:0~50℃(壁掛け時/天井設置時)湿度:10~90% ※本製品は屋内使用に限ります
【取得規格】 VCCI ClassB準拠
【RoHS基準値】 準拠
【保証期間】 5年間(標準保証3年間、ユーザー登録限定保証2年間)
【主な付属品】 壁掛け金具、壁取付用ねじ、アンテナ、アンカー、取扱説明書、保証書

※管理ソフト WLS-ADTについては以下ページをご確認下さい。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/pro-option/wls-adt/#spec

型番・価格

バッファロー

法人向け 管理者機能搭載 無線LANアクセスポイント 11ac/n/a&11n/g/b 866+866+400Mbps

メーカー型番: WAPM-1266R 標準価格: \39,800

バッファロー

無線LANシステム集中管理ソフトウェア

メーカー型番: WLS-ADT 標準価格: \19,800

関連資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロモーション

ピックアップ

ランキング

プロモーション

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。