ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報更新日: 2019/06/25 No: C1153

あらゆる産業分野での生産性向上に役立つIoTシステムを少ない開発工数で実現できる

  • 製品 / サービス名:OpenBlocks IoT VX2
  • メーカー / ベンダー名:ぷらっとホーム
  • 対応OS:OS不問
  • サーバー環境:不要

情報更新日: 2019/06/25 No: C1153

こんな課題を解決します


センサーなどのデバイスを設置した現場でデータを処理して高反応・低遅延なIoTシステムを簡単に実現したい

「OpenBlocks IoT VX2」には標準搭載のソフトウェア「FW3.2」が搭載されており、インテリジェントエッジの構築に必要な操作がWeb UIから簡単に行えます。

少ない開発工数でIoTシステムを実現したい

「OpenBlocks IoT VX2」に標準搭載されるソフトウェア「FW3.2」が対応しているセンサーやModbus機器のデータを受信し、クラウドへ送信する仕組みを簡単な設定だけで実現できますので、IoTシステムの開発工数を大幅に削減できます。

ゲートウェイの数が増えると本番運用時の管理が大変になる

遠隔管理サービス「AirManage2」ですべての「OpenBlocks IoT VX2」を一元管理できます。また「OpenBlocks IoT VX2」にはAirManage2が1年間使用できるサブスクリプションが付属しています。

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

特長


ポイント 1
標準搭載のソフトでIoTシステムが簡単に構築できる

「OpenBlocks IoT VX2」に標準搭載されるソフトウェア「FW3.2」はWeb UIからセンサーやデバイスとの接続、各種クラウドサービスとの接続、Dockerコンテナのデプロイや割り当てリソース設定、Microsoft Azure IoT Edgeの導入・モニタリングが行え、少ない工数でIoTシステムを構築できます。特にAzureを使ったIoTシステムはより簡単に構築できます。

ポイント 2
多彩なインターフェイスを実装できる

標準もしくはオプションで多彩なインターフェイスを実装できます。例えばLTE/3Gモジュールがオプションで用意しており、設置場所のネットワーク環境を気にせずIoTシステムが構築できます。

ポイント 3
運用時の負担も軽減できる

「OpenBlocks IoT VX2」には複数のゲートウェイを一元管理できる遠隔管理サービス「AirManage2」が1年間利用できるサブスクリプションが付属しており、運用時の負担も軽減できます。(サブスクリプションでの提供。2年目以降は有償で更新となります)

ソリューション関連商品一覧


OpenBlocks IoT VX2
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:ぷらっとホーム
  • メーカー型番:OBSVX2/N/H1S1
OpenBlocks IoT VX2 LTEモジュール(NTTドコモ/KDDI)搭載(nanoSIM)
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:ぷらっとホーム
  • メーカー型番:OBSVX2/N/dLB/H1S1
OpenBlocks IoT VX2 + EnOceanモジュール搭載
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:ぷらっとホーム
  • メーカー型番:OBSVX2/N/EEB/H1S1
OpenBlocks IoT VX2 LTEモジュール(NTTドコモ/KDDI)搭載(nanoSIM) + EnOceanモジュール搭載
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:ぷらっとホーム
  • メーカー型番:OBSVX2/N/dLB-EEB/H1S1

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。