ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイルが外部に流出しても情報が漏えいしないセキュリティ対策を実現

ソリューションNo: C1167 情報更新日: 2019/04/05

ファイルを自動で暗号化して社内ならば閲覧・編集もパスワード不要で利用できる

外部からの攻撃対策、内部からの情報流出対策などさまざまなセキュリティ対策を講じても万全とは言い難いのがセキュリティ対策の実情です。攻撃者はあらゆる手段や技術を用いて巧みに情報を狙ってくるため、社内のファイルが絶対に外部へ流出しないという保証はどこにもありません。そこでファイルが流出することを前提としたセキュリティ対策も必要となります。それを実現してくれるのが「InterSafe FileProtection」です。InterSafe FileProtectionはユーザーの特別な操作が一切不要な暗号化ソリューションです。通常の操作でファイルを保存すると自動的に暗号化されます。さらに暗号化されたファイルはパスワードを入力することなく閲覧・編集ができますので、業務に支障をきたすこともありません。一度暗号化されたファイルは暗号化が維持されるため、万が一社外に流出しても内容を閲覧したり編集したりすることができず、外部に情報が洩れることはありません。

製品・サービス名InterSafe FileProtection
メーカー名アルプスシステムインテグレーション
対応OSWindows
製品・サービスURL https://www.alsi.co.jp/security/isfp/
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 必要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

標的型攻撃やマルウェア感染による万が一のデータ流出時に対応できるセキュリティ対策がしたい・・・

一度暗号化したファイルは組織外での閲覧はできないため、万が一の情報流出時もデータを保護します。

課題
2

セキュリティ対策としてファイルの暗号化を検討しているが操作が難しそうでユーザーが利用できるか不安だ・・・

InterSafe FileProtectionはファイルを保存する際に自動で暗号化し、組織内のPCではパスワードなどは不要でファイルの閲覧・編集が可能なのでユーザーは暗号化を意識せずに今まで通りに操作できます。

課題
3

共有ファイルサーバーの機密情報を保存しているフォルダーのセキュリティが心配だ・・・

フォルダーの自動暗号化にも対応しています。暗号化していないファイルを特定フォルダーに移動あるいはコピーするだけで自動的に暗号化します。暗号化したファイルは特定フォルダーから出ても暗号化が継続します。

特長

特徴
1
操作環境を変えずにファイルが暗号化できる

「InterSafe FileProtection」はファイルの保存時に自動で暗号化します。暗号化されたファイルを利用する際も組織内のPCならばパスワードなどは不要でファイルを閲覧・編集できます。

特徴
2
暗号化したファイルが流出しても情報漏えいを防げる

「InterSafe FileProtection」で暗号化したファイルが外部に流出しても、暗号化が継続されるためファイルを閲覧・編集できず外部に情報が洩れることはありません。また、暗号化したファイルは組織内のPCからはダブルクリック(パスワードレス)で閲覧・編集が可能です。

特徴
3
ファイルサーバーに便利な特定フォルダーの暗号化

あらかじめ指定したフォルダー内のファイルを自動的に暗号化する機能も利用できます。この機能を利用すれば暗号化されていないファイルを特定フォルダーに入れると自動的に暗号化され、特定フォルダーからファイルを出しても暗号化が継続できます。ファイルサーバーに機密情報用のフォルダーを作って運用するなどの使い方ができます。

特徴
4
柔軟かつきめ細かいアクセス権の設定ができる

社内でのアクセス権の制御もできます。例えばA部署のユーザーは閲覧不可、B部署のユーザーは閲覧・編集が可能といった業務や権限に応じたファイルへのアクセス権の設定ができます。

特徴
5
2分でわかる「InterSafe FileProtection」

貸出機・トライアル

「InterSafe FileProtection」は「InterSafe ILP」のシリーズにてトライアルとなります。
以下のURLよりお申し込みをお願いします。
https://www.alsi.co.jp/security/ilp/trial/

システム要件

下記URLをご参照ください。
https://www.alsi.co.jp/security/isfp/operating/

ご購入方法

・ライセンスは最低5本からのご購入が必要です。
・本体のご購入と同時に初年度よりサポートサービス費(保守)の加入が必須となります。
・ご購入の際は別途申請書が必要になります。

型番・価格

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe FileProtection クライアントライセンス(クライアント数:1-99)

メーカー型番: ILFP0001 標準価格: \15,000

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe FileProtection クライアントライセンス(クライアント数:1-99) 年間サポートサービス費

メーカー型番: ILFP0001-1H 標準価格: \3,000

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe FileProtection クライアントライセンス(ガバメント)(クライアント数:1-99)

メーカー型番: ILFP0001G 標準価格: \13,500

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe FileProtection クライアントライセンス(ガバメント)(クライアント数:1-99) 年間サポートサービス費

メーカー型番: ILFP0001G-1H 標準価格: \2,700

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe FileProtection クライアントライセンス(アカデミック)(クライアント数:1-99)

メーカー型番: ILFP0001E 標準価格: \12,000

アルプスシステムインテグレーション

InterSafe FileProtection クライアントライセンス(アカデミック)(クライアント数:1-99) 年間サポートサービス費

メーカー型番: ILFP0001E-1H 標準価格: \2,400

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR、コメント

ファイル暗号化は情報流出後の対策として有効です。ファイル暗号化について何でもご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。