ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windowsサーバー・PCのデータをMicrosoft Azureにバックアップ

  • 製品 / サービス名:Azure
  • メーカー / ベンダー名:マイクロソフト
  • 対応OS:Windows
  • サーバー環境:不要

情報更新日: 2019/07/16 No: C1198

こんな課題を解決します


バックアップデータの容量が肥大化している

増え続けるバックアップデータに対応します。データ増加に伴うストレージ・テープ機器増強に対応する必要がありません。

クラウドバックアップはセキュリティが気になる

データは暗号化で保護されており、最大6重化の冗長構成が可能です。

データの保管にコストがかかってしまう

使った分だけ支払う効率的な従量課金制でコストを抑えられます。

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

特長


ポイント 1
簡単設定で既存環境にも導入しやすい

Azure PortalからダウンロードできるAzureBackupを使って簡単に導入できます。バックアップコンテナあたりのデータの保存容量は制限がありません。

ポイント 2
データの暗号化で強固なセキュリティ対策

データは自動的に暗号化され、ユーザーが持つ暗号キーがなければ復元できません。ランサムウェアに感染した場合でも、9,999の復旧ポイントが設定できるため、感染前のデータを復元することが可能です。

ポイント 3
低価格な課金体系

従量課金制で使用した分だけ支払う効率的な課金体系です。バックアップやリストアといった作業単位で課金が発生することもありません。バックアップ対象数、実データ容量、Azureのストレージ容量に対する課金のみです。

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。