ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

感染症対策に役立つWi-Fi環境センサー「RS-WFEVS1」空気質・CO2濃度・温湿度を計測

  • 製品 / サービス名:Wi-Fi 環境センサー
  • メーカー / ベンダー名:ラトックシステム
  • 対応OS:iOS
  • サーバー環境:不要

情報更新日: 2020/12/17 No: C1407

こんな課題を解決します


感染症対策で飲食店や社内の「密」の状態を知りたい。

人間の呼気で発生する二酸化炭素などを計測し密状態を把握。換気の目安に活用できます。

感染症対策として換気のタイミングが知りたい。

空気質や温湿度の設定値を超えた場合、スマートフォンにアラートで通知できます。

計測データを記録して、感染防止対策に取り組みたい。

空気質の計測データはクラウドに蓄積。CSV形式でのダウンロードが可能でExcelレポート作成に対応します。

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

特長


ポイント 1
二酸化炭素、PM、温湿度などを計測

RS-WFEVS1は、二酸化炭素やPMなどを計測可能な環境モニタリングセンサーです。Wi-Fi接続で計測結果をスマートフォンやタブレットに送信できるため、手元で環境情報を確認可能です。二酸化炭素、PM1/2.5/4/10、VOC、温度、湿度、気圧、UVを計測可能な7種類のセンサーを備えます。

ポイント 2
グラフで環境の変化を把握

RS-WFEVS1を環境状況を計測できる専用アプリ「エアミル2」と連携させることで、空気質や温湿度などの各計測値を一括してグラフで表示可能です。グラフは日、週、月ごとに計測結果を表示できます。分析する期間に合わせた環境状況の把握に役立ちます。

ポイント 3
CSV出力で感染症対策レポートに活用

空気質などの濃度レベルをLEDで表示可能です。例えば二酸化炭素の場合、LEDは1,000ppm以上で橙や赤に点灯するため一目で認識できます。計測データはクラウドからCSV形式で保存可能です。二酸化炭素などの濃度レポートなどで感染症の感染防止の取り組みを数値化して伝えられます。

ソリューション関連商品一覧


Wi-Fi 環境センサー
  • 標準価格:\20,800
  • メーカー名:ラトックシステム
  • メーカー型番:RS-WFEVS1

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。