ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

三密を避ける会議室のレイアウトをプロジェクターで実現!

  • 製品 / サービス名:POWER PROJECTOR
  • メーカー / ベンダー名:キヤノン
  • 対応OS:Windows / iOS / Android / Chrome OS / macOS / iPadOS / Linux
  • サーバー環境:不要

情報更新日: 2020/12/25 No: C1413

こんな課題を解決します


従来の縦長の会議室では、投影画面は1つで済むものの三密になりやすい。

会議室を横長のレイアウトにして複数画面を投影することで、三密を避けることが可能です。

席の間隔をあけると、会議室のスペースが足りない。

超短焦点プロジェクターなら「壁ピタ設置」で限られたスペースでも投影可能です。

大画面ディスプレイは、一度設置すると移動させるのが大変。

超短焦点プロジェクターは壁さえあれば設置できます。また、本体も1人で簡単に動かすことができますので、レイアウト変更に対応します。

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

特長


ポイント 1
省スペース“壁ピタ“設置

大画面投写が可能な超短焦点モデル。本体を壁などの投影面にピタリとつけることで、約80インチの大画面映像を投写可能。プロジェクターの設置にかかる手間を削減します。

ポイント 2
床・机上に“縦ピタ“設置

縦置きすることで床やテーブルへの映像投写も可能。圧倒的な近距離で大画面投写が可能なため、省スペースでの設置ニーズの高い会議室や教室、商業施設におけるサイネージなど幅広い用途で活躍します。

ポイント 3
使い勝手の良い4点キーストーン補正

一般的に四隅のピントがぼけやすいといわれる超短焦点プロジェクターでありながら、センター/コーナー2つのフォーカス調整機能で映像全域でピントが合ったきれいな映像を実現可能。

ポイント 4
省スペースで大画面投写が可能!超短焦点プロジェクター LH-WU350UST/LH-WX370UST【キヤノン公式】

ソリューション関連商品一覧


POWER PROJECTOR LH-WX370UST
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:キヤノン
  • メーカー型番:3854C001
POWER PROJECTOR LH-WU350UST
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:キヤノン
  • メーカー型番:3853C001
POWER PROJECTOR LV-WX310ST
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:キヤノン
  • メーカー型番:0909C001
POWER PROJECTOR LV-WX370
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:キヤノン
  • メーカー型番:3851C001
POWER PROJECTOR WUX500ST
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:キヤノン
  • メーカー型番:2136C001
パワープロジェクター WUX7000Z
  • 標準価格:OPEN
  • メーカー名:キヤノン
  • メーカー型番:2502C001

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。