ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

CO2センサーやカメラ検知で三密防止&感染症対策を省力化「Gravio AI/IoT」

  • 製品 / サービス名:Gravio
  • メーカー / ベンダー名:アステリア
  • 対応OS:Windows / macOS / Linux
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:年額

情報更新日: 2021/03/16 No: C1437

こんな課題を解決します


感染症対策を省力化するソリューションを導入したい。

センサーデータに対し警告灯の点灯や外部通知などを設定でき、感染症対策の省力/遠隔化に貢献します。

シンプルかつ容易に3密検知を行いたい。

施設内のCO2濃度を計測するCO2センサーなどにより、実際の換気状況を通知する仕組みを容易に構築できます。

セキュリティにも配慮してIoTを活用したい。

エッジ型のシステムのため閉域ネットワークで利用でき※、セキュリティに配慮したシステム構築に対応します。 ※クラウドサービスと連携しない場合

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

特長


ポイント 1
AI搭載IoTを直感的に操作

Gravioは、CO2・温湿度などの各種センサーデータを容易に収集・活用できるAI搭載IoTソリューションです。シンプルかつグラフィカルなUIを採用しており、ライト点灯やメッセージ通知などを設定する際にもAIやIoTに関する専門スキル不要で操作可能です。

ポイント 2
認証済みセンサーを無償貸し出し

温度・湿度をはじめ、CO2濃度、距離、人感、ドア・窓開閉を検知するセンサーやLEDライトなど、10種から最大20個を無償でお貸し出しいたします。認証済みセンサーは容易に接続できるので、複数のセンサーから取得したデータの収集・活用をすぐに行えます。

ポイント 3
外部クラウドサービスとの連携にも対応

AIとIoTによって統合処理したデータは、「LINE」「Slack」「Microsoft Teams」、Eメールなどへのメッセージ通知や、「Microsoft 365 Excel」「Googleスプレッドシート」といった表計算サービス、「Microsoft 365 PowerBI」などBIツールとの連携が可能です。

ポイント 4
事例ビデオ | レノボ・ジャパン合同会社 | Gravioによる、IoTを活用した会議室管理システムをエッジで構築。会議室の運用業務効率化と稼働率向上に大きく寄与

ソリューション関連商品一覧


AI搭載IoT統合エッジウェア Gravio Standard(年額・自動更新) ソフトウェア利用権+20個の認定済センサー無償レンタル付き
  • 標準価格:\240,000
  • メーカー名:アステリア
  • メーカー型番:4526506020237

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。