1分でわかるスマートワーク用語集

ウェブアプリケーション

インターネットなどネットワークを経由して、ウェブサイト上で利用するアプリケーションソフトウェアのこと。「ウェブアプリ」とも言う。プログラム本体はネットワーク上のサーバー内にあり、ウェブサイトを閲覧するためのブラウザ「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Safari」「Firefox」などで操作する。ウェブアプリには、動画共有サービス「YouTube」やインターネット電話サービス「Skype」、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「Twitter」などがあげられる。

ウェブアプリとよく対比される言葉に「ネイティブアプリケーション」がある。これは、スマートフォンなど端末にインストールして利用するアプリケーションソフトのことで、ネットワークを経由しない。端末上のシステムを使って動くため、ウェブアプリより動作が速いというメリットがある。

一方、ウェブアプリはダウンロードが不要なので、通信のデータ容量が節約できる。また、サーバー側でアップデートできるため、更新の手間がかからないというメリットがある。

最近では、ウェブサイトをウェブアプリのように利用できる「プログレッシブウェブアプリ(Progressive Web Apps、PWA)」という技術があり、ホーム画面にアイコンを置いたり、プッシュ通知を送ったり、ネイティブアプリ同様の機能が使える。
(青木逸美)