ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

「スマートワーク総研」利用規約

「スマートワーク総研」利用規約

本「スマートワーク総研」利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ダイワボウ情報システム株式会社(以下「当社」といいます。)が、スマートワーク、テレワークに関連する製品やサービスならびに関連する情報をWEBサイト、メールマガジン等にて提供するサービス(付随するサービスを含め、以下サービス・システム全体を「スマートワーク総研」といいます。)の利用に関する諸条件を規定するものです。

「スマートワーク総研」を閲覧、利用される方は、スマートワーク総研を閲覧、利用した時点で本規約を受諾したものとみなします。なお、本規約は事前に書面等で通知することなく改定される場合があり、その場合、改定後にスマートワーク総研を閲覧、利用した時点で、改定後の本規約が適用されるものとします。

第1章 共通事項

第1条(目的)

  1. 「スマートワーク総研」は、当社が利用者ならびに会員に対してスマートワーク、テレワークに関連する製品やサービス、また、その周辺情報を提供し、これを利用者ならびに会員の方に活用していただくことを目的としています。
  2. 「スマートワーク総研」を通じて当社が提供するコンテンツや各種情報には、お申込みいただき当社が登録を承諾した「会員」向け専用のコンテンツ、および各種情報があります。なお、既に当社が提供する「iDATEN(韋駄天)」の「会員」として登録いただいている方には、本規約に基づく会員登録を要しないものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語の定義は以下のとおりとします。

  • (1)「利用者」とは、スマートワーク、テレワーク関連の製品やサービス、およびその周辺情報を閲覧、検索、または入手する等の目的で「スマートワーク総研」を利用する法人または個人をいいます。
  • (2)「会員」とは、利用者のうち本規約の各条項を承認のうえ、「スマートワーク総研」への会員登録を申込み、当社がその利用を承認した法人をいいます。なお、iDATEN(韋駄天)会員は、本規約に基づく会員登録をすることなく、会員として「スマートワーク総研」を利用することができるものとします
  • (3)「iDATEN(韋駄天)」とは、当社がWEBサイト(http://www.idaten.ne.jp)にて、電子データで提供するソフトウェア、およびハードウェア等の商品情報サービスならびに当社が提供する電子データによる商品取引サービスの総称をいいます。なお、利用条件等の詳細は別途当社が定めるところに従います。
  • (4)「iDATEN(韋駄天)会員」とは、当社が定める「iDATEN(韋駄天)」の利用条件に同意し、当社が利用を承諾のうえ登録した法人または個人を言います
  • (5)「提供情報」とは、「スマートワーク総研」を通じて、当社が利用者ならびに会員に提供するスマートワーク、テレワークに関連する製品やサービス、またその周辺情報をいいます。
  • (6)「会員専用コンテンツ」とは、会員またはiDATEN(韋駄天)会員(以下、総称して「会員」といいます)のみが閲覧または提供をうけることができる情報をいいます。
  • (7)「スマートワーク総研メールマガジン」とは、「スマートワーク総研」のひとつで、当社が会員にEメールにて「スマートワーク総研」のWEBサイト更新情報など会員専用コンテンツを提供するものをいいます。なお、本規約において特に「スマートワーク総研メールマガジン」と記載しない限り、「スマートワーク総研」には「スマートワーク総研メールマガジン」が含まれます。
  • (8)「スマートワーク総研WEBサイト」とは、「スマートワーク総研」のひとつで、提供情報および会員専用コンテンツを掲載する当社のWEBサイト(https://swri.jp/)をいいます。なお、本規約において特に「スマートワーク総研WEBサイト」と記載しない限り、「スマートワーク総研」には「スマートワーク総研WEBサイト」が含まれます。
  • (9)「仕入先メーカー」とは、当社が「スマートワーク総研」に掲載等する製品やサービスの当社仕入先をいいます。

第3条(利用)

  1. 利用者ならびに会員は「スマートワーク総研」を通じて当社が提供する「提供情報」ならびに「会員専用コンテンツ」(以下、総称して「コンテンツ」といいます。)を自由に閲覧のうえ、そのエッセンスを日々の業務に活用いただくことができますが、特段の定めがない限り、当社または仕入先メーカー他コンテンツの製作者(以下、単に「コンテンツ製作者」という。)がこれらのコンテンツの著作権を有しています。このコンテンツは、著作権等の法律で保護されていますので、利用者ならびに会員は以下の条件でのみ利用することができます。
    • (1)非営利目的かつ内部でのみ使用、複製、ダウンロードすることができます。
    • (2)複製、ダウンロードするときは、この著作権表示および使用条件を一緒に付す必要があります。
    • (3)この資料を改変したり、有料で頒布したり、有線送信等に利用することはできません。
  2. 当社およびコンテンツ製作者は、利用者ならびに会員に対してコンテンツに関する著作権、特許権、商標その他の知的財産権をライセンスするものではありませんし、コンテンツの内容についていかなる保証をするものではありません。また、個別のコンテンツの中で別の定めがある場合には、当該著作権表示、使用条件を遵守する必要があります。
  3. 「スマートワーク総研」ならびにコンテンツにおいて、記載されている商標名、ロゴは、当社または仕入先メーカー、および各社の登録商標または商標です。

第4条(リンク)

利用者ならびに会員は「スマートワーク総研WEBサイト」へのリンク(個別のコンテンツへのリンクを含む)は、営利、非営利、イントラネットを問わず自由に設置することができます。但し、利用者ならびに会員がリンクを設置したことに対する第三者からの賠償その他いかなる苦情、請求等について当社は何ら責任を負わず、リンク先であるコンテンツ内容の正確性等につき、何らの責任を負うものではありません。なお、理由の如何を問わず、記載の使用条件に従うことができない場合、または従う意志がない場合は、リンクを直ちに中止してください。

第5条(利用者情報の収集)

  1. 当社は、「スマートワーク総研」の提供に際して、利用者や会員から、個人情報やクッキー、WEBビーコン、位置情報を取得することがあります。
  2. 当社が取得する個人情報については、当社が別途定める「個人情報の取り扱い」(http://www.pc-daiwabo.co.jp/privacy.html)に従って、適法かつ適正に取り扱います。。
  3. 当社は、効果的な広告等の表示ないし配信を目的として、「スマートワーク総研」に付随して、第1項の利用者や会員にかかる情報を取得し、または利用することがあります。

第6条(禁止事項)

「スマートワーク総研」利用にあたっては、以下の行為を行うことは禁止とさせていただきます。

  • (1)当社、第三者への著作権や商標、プライバシー等各種権利を侵害すること。
  • (2)当社、第三者に対する誹謗中傷、不利益を与えること。
  • (3)法令に違反する、公序良俗に反する、またはその恐れのある行為を行うこと。
  • (4)「スマートワーク総研WEBサイト」等を利用してコンピュータウィルスをはじめ有害なプログラム操作や配布・提供すること。
  • (5)その他、当社が不適切と判断すること。

第7条(利用時間)

「スマートワーク総研」を利用できる時間は、予め告知された停止時間や本規約に定める一時中断を除いては、1日24時間、年365日とします。

第8条(内容の変更)

  1. 当社は、事前の通知をすることなく本規約、「スマートワーク総研」の利用条件、運用規則、サービス内容、名称等を変更できるものとします。
  2. 変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除き、当社が提供するWEBサイト上に表示した時点または当社が指定した日より、効力を生じるものとします。

第9条(一時中断)

次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、当社は事前に連絡することなく、「スマートワーク総研」利用の提供(「スマートワーク総研メールマガジン」の送付を含む、以下同じ。)を一時的に中断することができるものとし、利用者ならびに会員はこれを承諾するものとします。ただし、「スマートワーク総研」利用の提供の中断が事前に予測できる場合は、当社は遅滞なくその旨を会員に通知するものとします。

  • (1)「スマートワーク総研」のシステムの定期的保守または緊急保守を行うとき。
  • (2)火災、停電等により「スマートワーク総研」の利用の提供ができなくなったとき。
  • (3)天災地変、戦争、暴動、内乱、労働争議、その他の不可抗力の事態が生じたとき。
  • (4)その他、運用上、技術上の理由により、当社において「スマートワーク総研」の利用の提供の一時的な中断が必要止むを得ないと認めたとき。

第10条(障害が生じた場合の措置)

システム障害、回線の異常等によって「スマートワーク総研」利用の提供を中断せざるを得ない事由が生じた場合には、当社はその修復に最善の措置を講じるものとします。なお、この場合および前条に掲げる一時中断の場合における、修復遅延、修復不完全等に基づき利用者ならびに会員に生ずる損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。

第2章 会員について

第11条(会員登録)

  1. 「スマートワーク総研」の会員として登録することで、当社が提供する会員専用コンテンツを閲覧することができるほか、「スマートワーク総研WEBサイト」における各種機能(詳細は「スマートワーク総研WEBサイト」に掲載)を利用することが可能となります。また、希望者は「スマートワーク総研メールマガジン」を定期的に受け取ることができます。
  2. 会員登録の申込は、本規約に承諾のうえ、所定の新規会員登録フォーム(https://swri.jp/signup)より所要事項を記入することによって行います。
  3. 前項の申込に対して当社がこれを承諾する場合、当社は登録時のメールアドレスまでEメールを送付するものとし、当該メール送付の時点をもって会員登録に関する契約が当社と会員との間で成立するものとします。なお、メールが3営業日以内に届かない場合はお問い合わせいただくか、再度登録をお願いいたします。
  4. 事由の如何に関わらず、当社は申込者の会員登録を承諾しないことがあります。その場合当社は申込者に対して一切の責任を負わず、かつ理由の説明義務を負いません。
  5. 会員は「スマートワーク総研」の会員登録フォームより記入した所要事項に変更があったときは、所定の会員登録情報変更フォームより、変更のあった事項について情報の更新を行うものとし、その手続きは本条に準じるものとします。なお、会員の変更事項の漏れにより「スマートワーク総研」のサービスが一部または全部利用できなくなった場合といえども、当社はその責任を負いません。

第12条(利用可能な会員)

「スマートワーク総研」の会員登録を希望される方は法人に限られ、且つ以下の各号の条件を満たす必要があります。

  • (1)日本国内で適法に事業を営む法人であること。
  • (2)「スマートワーク総研」に掲載された製品・サービスについて、当社とのお取引を検討されていること。

第13条(会員IDおよびパスワード)

  1. 会員が「スマートワーク総研」の会員専用コンテンツ等を利用するには、会員IDとパスワードを用いて「スマートワーク総研WEBサイト」の会員の専用領域にログインする必要があります。この会員IDとパスワード、所定の新規会員登録フォームを利用して申込者が任意に定め、申込手続きにより当社に通知する必要があります。
  2. 会員は、会員IDとパスワードの保管ならびに運用管理について一切の責任を負うものとし、会員の保管、運用管理上の過誤によって生じた損害については、当社は何らの責も負わないものとします。
  3. 会員は、「スマートワーク総研」の機能を利用して、会員IDとパスワードを変更することができるものとします。
  4. 会員は、会員IDとパスワードが盗用され、もしくは盗用された疑いがあるときは遅滞なく当社にその旨を通知するものとします。

第14条(権利の譲渡禁止)

会員は本規約に基づく契約上の地位ならびに一切の権利義務を第三者に譲渡してはならないものとします。

第15条(利用の承認の一時停止と取消し)

会員に次の各号の一に該当する事由が生じた場合には、当社は会員に対し、事前に通告することなく「スマートワーク総研」利用の承認を取消し、または会員の資格を一時停止することができるものとします。

その場合、当社は取消しまたは資格の一時停止に関して会員に生じた損害につき一切の責任を負いません。

  • (1)利用申込内容に虚偽があったこと、または重要な内容に誤記もしくは記入漏れがあったことが判明したとき。
  • (2)過去に「スマートワーク総研」の会員資格を取り消されていたとき。
  • (3)会員IDまたはパスワードの不正使用が判明したとき。
  • (4)本規約に定める条項に違反したとき、または本規約に違反しているか否かの調査が必要なとき。
  • (5)その他、当社が「スマートワーク総研」の会員として不適当と認めたとき。

第16条(会員登録の取り消し)

当社および会員は、会員登録の有効期間中といえども、1ヵ月以上の予告期間をおいて書面をもって相手方に申し入れることにより、会員登録を取り消すことができるものとします。なお、会員は本条による取消により損害を被ったとしても当社に賠償を請求することはできないものとします。

第17条(違反等による会員登録の取り消し)

  1. 当社は、会員が本規約の各条項のいずれかに違反したときは、相当の期間を定めて当該違反を是正する旨会員に催告し、会員がこれに従わないときは会員登録を取り消すことができるものとします。
  2. 当社は、会員が次の各号のいずれかに該当するときは、事前の催告その他の手続きをすることなく直ちに会員登録を取り消すことができるものとします。
    • (1)第三者からの差押え、仮差押えもしくは仮処分の申し立てを受けたとき、または受けることが明白であるとき。
    • (2)破産、会社更生手続開始、もしくは民事再生手続を開始、自ら申し立てたとき、または第三者から申し立てられたとき。
    • (3)支払停止もしくは振出した手形、小切手等が不渡りとなったとき、または手形交換所から不渡り処分を受けたとき。
    • (4)営業停止または営業許可取消等の処分を受けたとき。
    • (5)解散決議をしたとき。
    • (6)代表者、役員等が刑事罰を受け、または受けることが明らかであるとき。
    • (7)財政状態が著しく悪化したとき、またはそのおそれがあると認められるとき。
    • (8)会員が、当社の名誉、信用を失墜させ、もしくは重大な損害を与えたとき、またはそのおそれがあるとき。
    • (9)会員が個人事業主の場合でかつ会員が死亡・廃業等によりその事業の継続が困難であると当社が判断したとき。
    • (10)事由の如何を問わずiDATEN(韋駄天)会員がそのiDATEN(韋駄天)会員の資格を喪失したとき。
  3. 当社は本条による取消しに関して会員に生じた損害につき一切の責任を負いません。
  4. 会員が本条に該当するほか、本規約に違反することにより、当社が損害をこうむった場合、当社までその損害を賠償する責めを負うものとします。

第3章 一般条項

第18条(免責事項)

  1. 当社は、明示的にも黙示的にも、「スマートワーク総研」ならびにそのコンテンツの内容について、適法性、真実性、特定目的への適合性、適時性、完全性を含め、いかなる保証も致しません。また当社は、いかなる者に対しても、その原因の如何を問わず、「スマートワーク総研メールマガジン」の到着遅れ、不到着、リンクの間違い、ならびに「スマートワーク総研」のコンテンツの利用から生じるいかなる損害(直接損害、間接損害、特別損害、付随的損害、および結果的損害を含みますが、これらに限られません)についても責任を負いません。
  2. 提供情報および会員専用コンテンツには、仕入先メーカーから提供された情報が含まれますが、これらの情報の誤り等から利用者または会員に損害が生じても、当社および情報提供者の責任を問えないものとします。
  3. 「スマートワーク総研」の利用に関して利用者または会員に生じた損害については、次の各号に定める損害を含め、当社に対して一切の責任を問えないものとします。
    • (1)第三者による会員IDとパスワードの不正使用にかかわる損害。
    • (2)利用者または会員の故意または過失、あるいは不可抗力による損害。
    • (3)コンテンツの内容の誤りなどによる損害。

第19条(スマートワーク総研の終了)

  1. 当社はその裁量により「スマートワーク総研」の提供を取りやめる場合があります。その場合、可能な限り事前にスマートワーク総研WEBサイトに掲示することで、利用者および会員に告知します。なお、会員についてはこの告知した日をもって、会員登録もまた終了するものとします。
  2. 「スマートワーク総研」ならびにその会員登録が終了したことにより、利用者ならびに会員が損害を被ったとしても告知が遅れたことによる場合も含め、当社に賠償を請求することはできないものとします。

第20条(管轄裁判所)

本規約に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を専属管轄裁判所とするものとします。

本規約は、平成28年7月1日から適用します。

平成28年7月1日制定

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。