ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

RPAの実行状況を一元管理してきめ細かく制御できる「JP1」

ソリューションNo: C1227 情報更新日: 2019/11/05

複雑な処理のRPAもスムーズに管理

働き方改革の推進などの流れの中、業務改善の対象は基幹業務にとどまらず、バックオフィス業務へも広がっています。その改善策の一つとして、RPAの導入に注目が集まっています。しかし、RPAを導入するだけではカレンダー機能が弱い、処理の状況が分かりにくいなど、新たな課題を生むケースも少なくありません。日立製作所が提供するRPA業務改善ツール「JP1/Client Process Automation(以下、JP1/CPA)」はRPAと連携し、クライアントマシン上の業務を自動化してユーザーニーズにあった運用をサポートします。

製品・サービス名JP1/Client Process Automation
メーカー名日立製作所
対応OSWindows
製品・サービスURL https://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/jp1/product/jp1/list/cpa/index.html
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 不要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

業務のスケジュールに沿ったRPA運用が困難

JP1/CPAは、実用的な「スケジュール機能」に対応。第1営業日や月末実行など柔軟に運用できます。

課題
2

RPAで業務を実行する際、前提条件を満たしておらず失敗する

JP1/CPAでは、RPAが作業をする前処理として自動ログオンを行えます。RPAの業務実行の失敗を低減します。

課題
3

PCの画面ロックによりRPAの業務実行が止まってしまう

JP1/CPAは、Windowsログオンや画面ロックの解除が可能で、業務をストップさせません。

特長

特徴
1
運用に必要な機能を標準組み込み

JP1/CPAでは、複数のコマンドを実行する「アクション」機能と事象の監視を行う「イベントモニター」機能を標準機能として組み込んでいます。業務などですぐに活用が可能です。

特徴
2
簡単な操作でアクションフローを作成

RPAの業務フローを、「アクション」メニューなどからアイテムをドラッグ&ドロップしてつなぎ合わせることで作成可能です。高度なコーディングスキルがなくても簡単な操作で作成でき、手戻りやミスの防止につなげられます。

特徴
3
RPA実行の失敗要因と手動操作を低減

RPAの業務実行の前処理として、「前提となるOSユーザーで自動ログオン」と「画面ロック解除」を定義できます。
また、シナリオの処理順序や実行待ちの制御ができるので、作業の遅延があってもスムーズに対応ができ、RPAで業務を実行する際の前提条件を満たしていないために起きる失敗を低減します。

特徴
4
業務システム全体を自動運用

同社製品「JP1/Automatic Job Management System 3」と連携してRPAが実行する定型業務と基幹業務をつなぎ、業務システム全体の一元管理が可能です。自動化の優先度が高いPC1台から徐々に自動化範囲を拡大でき、スモールスタートから全社レベルまでの自動化が可能です。

貸出機・トライアル

システム要件

対応プラットフォーム:
Windows 7 Professional (32bit)(x64)
Windows 7 Enterprise (32bit)(x64)
Windows 7 Ultimate (32bit)(x64)
Windows 8(x86)(x64)
Windows 8 Pro(x86)(x64)
Windows 8 Enterprise(x86)(x64)
Windows 8.1(x86)(x64)
Windows 8.1 Pro(x86)(x64)
Windows 8.1 Enterprise(x86)(x64)
Windows 10 Pro(x86)(x64)
Windows 10 Enterprise(x86)(x64)

詳細はメーカーサイトをご確認ください。
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/jp1/product/jp1/environment/index.html

ご購入方法

・本製品はインストールライセンスのため、製品をインストールする分のライセンスの購入が必要です。
・ライセンスの購入と同時にインストールメディアの購入が別途必須となります。

型番・価格

日立

JP1/Client Process Automation(Windowsプログラム)

メーカー型番: P-2A12-3BCL&M 標準価格: \1,000

日立

JP1/Client Process Automation(1インストールライセンス)

メーカー型番: P-L112-3BCL&G001 標準価格: \98,000

日立

JP1/Client Process Automation(10インストールライセンス)

メーカー型番: P-L112-3BCL&G010 標準価格: \950,000

日立

JP1/Client Process Automation(100インストールライセンス)

メーカー型番: P-L112-3BCL&G100 標準価格: \8,200,000

日立

JP1/Client Process Automation Option for Automatic Job Management System 3(Windowsプログラム)

メーカー型番: P-2A12-3CCL&M 標準価格: \1,000

日立

JP1/Client Process Automation Option for Automatic Job Management System 3(1インストールライセンス)

メーカー型番: P-L112-3CCL&G001 標準価格: \980,000

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR、コメント

お使いのRPA製品と連携することで、運用レベルをアップできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。