ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想環境向けのデータ保護ソリューション「ActiveImage Protector Virtual Edition」

ソリューションNo: C1275 情報更新日: 2020/05/18

事業継続に欠かせないシステムや人材を守ります

あらゆる分野でのIT化が進み、プラットフォームの多様化、急速な技術の進歩により、ITエンジニアの負担は増大しています。また様々なトラブルや攻撃など、ビジネス継続の要となるシステムの安定運用には常にリスクが伴います。現場のエンジニアの負担軽減を行うシステム保護ソリューションを、技術支援も含めて提供します。

製品・サービス名ActiveImage Protector
メーカー名ネットジャパン
対応OSWindows / その他
製品・サービスURL https://www.netjapan.com/jp/products/activeimage-protector/virtual
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 必要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

システムダウン時の対策に不安がある

ActiveImageで作成されるコアデータは、直接コアデータからの起動運用やシステムの移行など、その都度最善の方法でのシステム復旧をシームレスに行えます。

課題
2

運用中の支援などに不安がある

国内メーカーのメリットを活かし、電話やメールでのサポートなど、柔軟な顧客サポートが可能です。

課題
3

老朽化したマシンからの移行などプラットフォームの移行をしたい。

コンバート機能をはじめ、複数の移行方法を用意しています。

特長

特徴
1
システム保護設計の高い自由度

従来のエージェントインストール型に加えて、仮想マシンで最近使用されるエージェントレス方式どちらにも対応していますので、システム保護設計の自由度が高く、環境に合わせた設定が可能です。
ネットジャパンのエージェントレスバックアップはハイパーバイザー上にエージェントのインストールは不要です。

特徴
2
幅広いプラットフォームでの使用

取得したコアデータを利用して、ファイル単位、システム全体、異なるプラットフォーム間の移行、クラウドへの移行など幅広いプラットフォームでご使用いただけます。

特徴
3
扱いやすい様々なポイントを満載

・低コスト運用
近年トレンドとなる重複排除機能など基本的な機能のほとんどを実装しています。
加えて、災害対策としてのデータレプリケーション機能など、コストを抑えて運用可能なソリューションも含まれています。

・手厚い技術支援
使用方法などがわからない場合には技術支援体制も充実していますので、導入前から導入後まで安心してご使用頂けます。

・自在な活用
コマンドラインにも各種機能は対応していますので、組み込んでの動作などエンジニアの発想に幅広く対応します。

貸出機・トライアル

30日間の評価版をご使用いただけます。
メーカー公式サイトよりお申し込みください。
製品版との機能の違いはありません。

システム要件

メーカー公式サイトよりご参照ください。
Server/Desktop Editionシステム要件
HyperAgent システム要件

ご購入方法

ご購入方法の詳細はお取引のある販売店へご相談ください。

型番・価格

ネットジャパン

ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Edition 1ライセンス

メーカー型番: AIP18VE-S 標準価格: \198,000

ネットジャパン

ActiveImage Protector 2018 Update Server Edition 1-4

メーカー型番: AIP18SV-A 標準価格: \131,900

ネットジャパン

ActiveImage Protector 2018 Update Desktop Edition 5-9

メーカー型番: AIP18DT-A 標準価格: \7,900

ネットジャパン

ActiveImage Protector 2018 Update Linux Edition 1-4

メーカー型番: AIP18LX-A 標準価格: \131,900

ネットジャパン

ActiveImage Protector 2018 for Hyper-V Enterprise

メーカー型番: AIP18HE-S 標準価格: \198,000

ネットジャパン

ActiveImage Protector 2018 Virtual Edition クラウドライセンス

メーカー型番: AIP18VC-S 標準価格: \198,000

メーカー担当者からのPR、コメント

国内メーカーで完全自社開発のソフトウェアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。