USBメモリーの不正な接続を監視「JP1 for IoT - NX UsbMonitor」

  • 製品 / サービス名:JP1 for IoT - NX UsbMonitor
  • メーカー / ベンダー名:日立製作所
  • 対応OS:Windows
  • サーバー環境:必要

こんな課題を解決します


既存システムでUSBメモリーの不正使用を防止したい

ソフトウェアをインストールせず導入でき、設備組み込み装置やPLCのセキュリティ対策にも有効です。

既存システムへの影響に対する検証コストをかけたくない

アプライアンス型で後付け方式なので、既存システムに対する影響などの検証が不要で導入可能です。

セキュリティ対策ソフトウェア製品はOSアップデートなどメンテナンスが面倒

アプライアンス製品により、運用に手間が掛からず導入も容易に行えます。

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。

特長


ポイント 1
後付けにより簡単なUSBセキュリティ対策が可能

接続されているUSBメモリーの使用状況を、JP1 for IoT - NX UsbMonitorをUSBポートに取り付けるだけで一括管理することができます。<br>既存システムに影響しないアプライアンス型で、検証費用や手間を抑えてすぐに導入可能です。

ポイント 2
USBポートの悪用を防止

JP1 for IoT - NX UsbMonitorに搭載されている「USB接続管理装置」を取り外してUSBポートを悪用されることを防ぐ取り外し防止機構に対応しています。

ポイント 3
キーボード・マウスの使用を管理

無人設備のUSBキーボードやマウスの使用を制限できます。<br>万が一、無人設備に設置されたUSBキーボード・マウスに対して侵入者が操作を行おうとしても、「特殊USB」を接続していないと利用できないように設定可能です。
関連ソリューション
不正なネットワーク接続を検知するIoTアプライアンス 「JP1 for IoT - NX NetMonitor」

資料ダウンロード・ソリューションの
お問い合わせをご希望の方は
スマートワーク総研にログインください。