ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「IoT/M2Mソリューション」「人工知能(AI)」



日経BPコンサルティング「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2017」

日経BPコンサルティングが、「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2017」の結果をまとめた。同調査によると、2017年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「IoT/M2Mソリューション」「人工知能(AI)」で、企業の約4割が「IoT」、 約3割が「人工知能(AI)」の事業活用に関心がある。

文/編集部


携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2017

 日経BPコンサルティングが、2005年に開始してから今回で12回目となる、携帯電話の法人における利用実態と利用意向を探る「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2017」の結果をまとめた(2017年1月27日報告書発行)。

 2017年のモバイル・ソリューションへの投資に関する重点投資分野は、1位が「クラウドサービス」、次いで「IoT/M2Mソリューション」「モバイルの業務アプリケーション連携」「ビッグデータ活用」という結果となった。

img_120494_1jpg

モバイル・ソリューションに関する投資の注力度。

 ICT分野で注目される「IoT」「ロボット/ドローン」「人工知能(AI)」の事業への活用関心度は、「IoT」が37.8%、「ロボット/ドローン」が18.4%、「人工知能(AI)」が31.1%という結果となった。

img_120494_2.jpg

事業への活用においての関心度/取り組み。

 通信事業者に対する満足度については、昨年同様、音声端末部門、データ端末部門いずれもNTTドコモが1位となった。

 また、企業が負担する1人当たりの音声端末の月額負担料金は5115円と、昨年から957円の減少となり、通話定額への移行の影響が見られた。格安SIM、格安スマホの企業での利用については、格安SIMによる通話サービス利用企業は1.6%、データ通信サービス利用企業は3.3%、企業における格安スマホの利用率は1.4%という結果で、昨年から微増している。

img_120494_3.jpg

法人主契約企業の通信事業者満足度。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。