ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/03/28

NTTコミュニケーションズと日本MSのタッグによる働き方改革ソリューション登場



Microsoft Azure×Enterprise Cloud

ITの利用によってますます進められる働き方改革だが、このほどNTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトのタッグによる中堅・中小企業向け働き方改革ソリューションが登場した。

文/編集部


中小・中堅から大企業まで広い範囲をカバー

 多彩なメニューで細かいニーズに対応するNTTコミュニケーションズの「Enterprise Cloud」と、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」をシームレスに組み合わせ、エンタープライズ企業が一体的に利用できるハイブリッド基盤が登場した。この「Microsoft Azure×Enterprise Cloud」では同時に、中堅・中小企業向けにOffice 365による働き方改革ソリューションの提供も開始。中小企業から大企業まで、幅広くカバーするハイブリッドクラウドとなる。

 大企業向けには、「Enterprise Cloud」のオプションとしてNTTコミュニケーションズが提供する管理ポータル「CMP」を軸にハイブリッドクラウド環境の一元管理や一元窓口対応が可能となる「Azure Site Recovery」「Azure Backup」「Azure Virtual Machines」「Azure Storage」が提供される。今後の予定としては、AIを活用したビッグデータ解析などもオプションとして追加される予定だ。

ハイブリッドクラウド基盤イメージ。

 また、企業向けICT基盤運用管理サービス「Global Management One」の対象サービスとして「Microsoft Azure」が追加されることにより、日々の運用業務やBCP対策をアウトソースすることで、運用負荷軽減を含むTCO削減が可能になるとのこと。

 一方、中堅・中小企業向けに提供されるのは働き方改革ソリューション。NTTコミュニケーションズのサービスとMicrosoft Office 365をシームレスなソリューションとして提供することで、クラウドシフト、テレワーク、コラボレーションの活性化を実現する。両社のクラウドサービスに必要なプロセスを自動化・簡略化できるため、迅速な事業活動が可能になるという。

 今後は両社のサービス開発、販売促進、人材育成などにおける連携を進め、市場変化に対応するソリューションを展開していく予定だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。