ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/07/25

7/12~7/18 スマートワーク関連ニュースを一気読み!


7月12日(火)~7月18日(月)の1週間に報じられたスマートワーク関連ニュースを一気読み! ストレージはオールフラッシュ化/Surface Bookを最大2万5000円値下げ/ビッグデータ分析コンテスト/ZenFone 3が台湾で正式発表/etc...

7/12~7/18 スマートワーク関連ニュースを一気読み!

文/正田拓也・陣武雅文


 2016年7月12日(火)から7月18日(月)までの1週間に報じられたスマートワーク関連ニュースを一気読み!

クラウド

MSのパートナー施策は順調、クラウド事業拡大も目標どおり
(ascii.jp/7月13日)

 日本マイクロソフトが現在約600社の「クラウドソリューションプロバイダー」を今年度中に2倍以上に拡大する方針を示した。その施策として「プラクティス・デベロップメント・ユニット」を新設し、新規パートナー獲得のための支援を行う。

最短1分でオートスケールするIDCFクラウドのロードバランサー
(ascii.jp/7月15日)

 IDCフロンティアが同社のIDCFクラウドにおいて、Webサイトの負荷分散を実現するロードバランサー「ILB(Infinite Load Balancer)」の提供を開始。標準タイプの10倍の処理能力を実現。

クラウドやモバイルなど「第3のプラットフォーム」が2020年には14兆円市場に、IDC Japan調査
(クラウドWatch/7月15日)

 IDC Japanが、クラウド、モビリティ、ビッグデータ、ソーシャルなど「第3のプラットフォーム」の2016年~2020年のの国内市場について、産業分野別・企業規模別の予測を発表。第3のプラットフォーム市場は2020年には約14兆円規模に達すると予測している。

支出額予測

ハードウェア

デジタル変革はオールフラッシュの「圧倒的スピード」を求める
(ascii.jp/7月14日)

 IT基盤のスピードに対してボトルネックとなっていたストレージについて、オールフラッシュストレージが主流となるのが時間の問題であるとする記事。その中で、3年連続シェアNo.1を獲得している「IBM FlashSystemシリーズ」が選ばれる理由を解説している。

Surface Bookを最大2万5000円値下げなど、よりお買い求めやすい価格で提供
(マイクロソフト/7月15日)

 いまやPCにおける主要ブランドのひとつとなったマイクロソフトのSurfaceシリーズ。通常のメーカー製PCとは異なり、はっきりと値下げを明示した。結果、エンドユーザーからの注目も高まっているようだ。

法人向け製品の値下げ表

IoT

玄人志向、Raspberry Pi 3を使った自作IoTキット
(PC Watch/7月15日)

 IoTをツールレスで自作体験できるスターターキット「KURO-IOTEXP/KIT3」がCFD販売から発売。シングルコンピュータボード「Raspberry Pi 3」を使用する。拡張キットも同時発売。

KURO-IOTEXP/KIT3

経産省とIoT推進ラボ、ローソンで売れるお菓子を予測・解明する「ビッグデータ分析コンテスト」
(INTERNET Watch/7月12日)

 ビッグデータの活用、人材育成を目的とした「第2回ビッグデータ分析コンテスト」が開催。応募締切は9月1日。ローソンから提供されるPOSデータや商品特性データを用い、売上予測モデルを構築する「売上予測部門」と、売れ筋から新商品アイデアを提示する「新商品開発部門」の2部門を募集。

ビッグデータ分析コンテスト

イベント

引きこもりのためのVR空間イベントサービスcluster.
(ascii.jp/7月14日)

 BtoCベンチャーが参加する、サービスのファンになってもらうイベントsprout13が開催され、バーチャル上でイベントを開催、VR空間をヘッドマウントディスプレーで参加できる引きこもりのためのイベント運営サービス「cluster.」が優勝した。会場費用などを削減し、世界どこからでも参加できるVR空間でのイベント開催は、イベントのみならず、様々な可能性を感じさせる。

16年のトレンドは“働きやすく、おいしい”オフィス
(ITmedia/7月15日)

 働く環境のサービスや技術を紹介する「第11回 総務・人事・経理ワールド2016」のレポート。様々な企業が提案する、これからの仕事環境を写真レポートしている。

サービス

「N予備校」一般向けにも提供開始、大学受験とプログラミングがネットで学べる
(INTERNET Watch/7月14日)

 これまで単位制通信制高校「N高等学校」の生徒向けに提供されてきた、授業・教材をスマホに最適化した双方向学習システムアプリ「N予備校」の一般向け提供を開始。大学受験コースのほか、プログラミングやゲーム、アニメなどのカリキュラムが提供される。

N予備校

デジタルハリウッドの法人向けサービス・Smart Work(スマートワーク)で長野県飯山市戸狩エリアの情報配信サイト「とんがり戸狩」を開設
(デジタルハリウッド/7月15日)

 デジタルハリウッドが法人向けサービス「Smart Work」において、長野県の戸狩観光協会のオウンドメディアサイトを制作した。フリーランスビギナーの実績作りの場を提供する「MAJIYARUプロジェクト」が実務教育の一環として制作。

長野県飯山市の戸狩エリア

株式会社みらいワークス、「FinTech」×「新しい働き方」の実現に向け『FinTech業界向けコンサルタント派遣事業』へ本格参入
(みらいワークス /7月13日)

 みらいワークスがテクノロジーを活用したファイナンス業界向けに、独立コンサルタントを派遣するサービス「FinTechコンサルタント.jp」を展開。独立コンサルタントや転職希望者と企業をマッチングする。

モバイル

モトローラ「Moto G4 Plus」SIMフリーで7月22日発売、16GBは3万2800円
(ケータイWatch/7月13日)

 スマートフォンのモトローラブランドはレノボ傘下ということもあり、中身はレノボのスマートフォンと捉えることもできる。モトローラブランドのSIMフリースマートフォンといえばNEXUS 6が有名だが、今回はNEXUSではなく、しかも比較的低価格帯を狙っている。国内SIMフリースマートフォンの世界にも世界の主要PCメーカーが揃いつつある。

ZenFone 3が台湾で正式発表。発売前にスペックをアップデート
(PC Watch/7月14日)

 ZenfoneといえばSIMフリースマートフォンの定番シリーズだが、その新世代機が台湾で発表されて話題を呼んでいる。日本上陸の可能性も高いと思われ、発売されれば注目を浴びることが予想される。

Zenfone 3

ZTEが格安SIMでも端末を1円提供
(ZTE/7月14日)

 基本的に端末価格と通信料金が別となっていた格安SIMだが、ここにきて契約すれば端末が無料に近い金額で入手できるキャンペーンが始まった。

Ingress、AEGIS NOVA TOKYO(イージスノヴァ)開催
(Niantic/7月16日)

 Pokemon Goで話題を呼んでいるNianticの位置情報ゲーム「Ingress」のリアルイベントが東京で開催された。一時期ほどのメディア露出はなくなったものの、アクティブなファンは未だに多い。また、東京でのイベントにもかかわらず海外からの来訪者も多いのが特徴。

IIJ、ネットワークとクラウドを融合させた新型IoTプラットフォーム「IIJ IoTサービス」を発表
(IIJ/7月19日)

 格安SIMのIIJmioを提供するIIJがIoTの総合的なサービスを11月に開始する。クラウド側のサービスもセットとなり、機能は2017年にさらに拡充される。プラットフォームとしてのサービスであることが特徴。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。