ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランサムウェア対策にはバックアップとオフライン保管が重要!

ソリューションNo: B1613 情報更新日: 2019/04/04

物理遮断と世代管理でシステムやデータを安全・確実に保護!

サーバー/PC/NASなどのバックアップでは、ハードディスク内蔵のデータカートリッジを使用したリムーバブルディスクストレージシステム「RDX」を使用することで、物理的にシステムからバックアップデータを切り離し、ウイルスやマルウェアの脅威に対して安全・確実にバックアップデータを保護できます。さらに交換可能な「RDX」は複数のカートリッジで運用することで世代管理も簡単に実現できるため、感染前のデータを確実に保護する事が可能です。「RDX」のカートリッジは、可搬用に設計されているため衝撃にも強く外部保管にも有効です。

製品・サービス名RDX QuikStor(バスパワーUSB3.0外付ドッキングステーション)
メーカー名Tandberg Data
対応OSWindows / OS X(Mac) / その他
製品・サービスURL http://www.tandbergdata.com/jp/index.cfm/products/removable-disk/rdx-quikstor/
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 不要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

NASにバックアップを行っているが常時アクセス可能なためランサムウェアのような脅威にも有効か不安…

NASにアクセスできるパソコンがランサムウェアに感染するとNASのバックアップデータも暗号化されてしまいます。「RDX」はカートリッジを取り外してオフラインで保管ができるのでバックアップデータを確実にランサムウェアなのどマルウェアから守ります。

課題
2

マルウェアの感染に気づかずバックアップしてしまうことで、バックアップデータが感染してしまうことが心配…

「RDX」はカートリッジにバックアップするため、日次でカートリッジを交換することで簡単に世代管理が可能です。万が一感染データをバックアップしても数世代さかのぼって復旧できるので感染前のデータに復旧することができます。

課題
3

Windows標準の機能でバックアップ、復元を考えていたが、ランサムウェアに復元ポイントも暗号化されると聞いて有効なバックアップ方法を探している…

「RDX」のカートリッジはディスクベースの記録媒体で、システムイメージのバックアップにもオススメです。主要なバックアップソフトウェアとも動作実績があり国内メーカー各社のNASに保存されたデータを簡単/安全/確実に棚保管することが可能です。

特長

特徴
1
エンタープライズレベルの信頼性

「RDX」は最大限のデータ保護と安全な操作のために強度設計されています。また、柔軟な互換性によりドライブの世代を気にすることなく、ユーザはより大容量に拡張することが可能です。

特徴
2
高いパフォーマンスでNASのバックアップに最適

「RDX」は高速なSuperSpeed USB3.0、およびSATA IIIインターフェースで高いパフォーマンスを実現します。ハードディスクとソリッドステートディスクカートリッジの選択によって、ユーザが必要とするパフォーマンス要件を満たすことができ、クラス最高のバックアップとアーカイブ機能により、専門的なワークステーションからローエンド製品まで幅広く対応します。ファイルサーバーとして使用しているNASの故障等による不具合に対するバックアップソリューションとして最適です。

特徴
3
簡単に世代管理を実現

「RDX」はカートリッジにバックアップするため、日次でカートリッジを交換することで簡単に世代管理が可能です。毎日別のカートリッジにバックアップすることで、例えば木、金曜日のデータがランサムウェアなどマルウェアに感染していることが判明した場合でも、未感染の水曜日のデータにさかのぼってデータの復旧が可能になります。

貸出機・トライアル

貸出機をご希望の方は下記サイトから申請してください。
http://tandbergdataapac.mv.treehousei.com/Surveys/19/4EE005B8D959ADBF/index.aspx

システム要件

【RDX USB3.0 Compatibility Matrix】

■Operating System Compatibility
下記のOSと互換性があります。

・Windows XP Pro(All editions 32bit及び64bit) ※1
・Windows Vista(All editions 32bit及び64bit) ※1
・Windows 7(All editions 32bit及び64bit) ※1 ※2
・Windows 8(All editions 32bit及び64bit) ※1 ※2 ※5
・Windows 8.1(All editions 32bit及び64bit) ※1 ※2
・Windows 10(All editions 32bit及び64bit) ※1 ※2 ※5
・Windows Server 2003/2003R2(All editions 32bit及び64bit) ※1 ※4
・Windows Server 2008/2008R2(All editions 32bit及び64bit) ※1 ※2 ※5
・Windows Server 2012/2012R2(All editions) ※1 ※2
・Windows Server 2016(All editions) ※1 ※2
・Small Business Server 2008 ※1 ※2
・Small Business Server 2011 ※1 ※2
・MacOS(OSX 10.4以降)
・Linux - RHEL(Ver.3.0 update7以降)
・Linux - SUSE/OpenSUSE(Ver.9.0 SP3以降)※3
・Linux - CentOS(Ver.4.2 Kernel version 2.6.9以降)
・Linux - Fedora Core 5(Kernel version 2.6以降)
・Linux - Ubuntu(12.04以降)
・VMware ESXi(6.5)※1 ※7
・AIX 5.3(5300-11 Technology Level以降)※6
・AIX 6.1(6100-04 Technology Level以降)※6

※1 MS Windowsオペレーティングシステムでは、完全なRDXおよびメディア取り出し機能用のRDXユーティリティをインストールすることをお勧めします。
※2 Windowsバックアップを使用するには、rdxユーティリティを使用して「固定ディスクモード」でRDXドライブを再構成してください。
※3 SLES 9 Service Pack 3はSATA ATAPIデバイスをサポートしていないため、RDX内部SATAデバイスをサポートしていません。
※4 Small Business Editionのバックアップウィザードでは、バックアップ対象としてRDXや他のリムーバブルドライブを選択できません。回避策は、Microsoft KBの記事925097に記載されているか、NT Backupを使用してください。
※5 Windows Serverバックアップアプリケーションには制限があります。
※6 バックアップ/リストア用のUSBリムーバブルディスクドライブの接続には、ハブ/ポートリプリケータはサポートされていません。
※7 Vmware KBの記事1021345に従って、ESXまたはESXiホストから仮想マシンにパススルーできるようにサポートされている。RDX QuikStor(https://kb.vmware.com/kb/1021345)

■File System Compatibility(原則として、RDXカートリッジは任意のファイルシステム用にフォーマットできます。)
下記のファイルシステムは、Tandberg Dataによってテストされています。

・FAT32(※):Windows XP、Windows Server 2008、Windows Vista SP1、Windows Server 2003/2003R2、Windows Server 2008/2008R2
※最大ファイルサイズ= 4GB
WindowsではFAT32としてカートリッジを再フォーマットすることはできません。カートリッジが最初に挿入されると、Windowsエクスプローラにボリュームラベルが表示されないことがあります。
・NTFS:Windows XP (Pro)、Windows Vista SP1、Windows 7、Windows 8、Windows 10、Windows Server 2003 (R2)、Windows Server 2008 (R2)、Windows Server 2012 (R2)、Windows Server 2016
・exFAT:Windows 7、Windows 8、Windows 10、Windows Server 2003 (R2)、Windows Server 2008 (R2)、Windows Server 2012 (R2)、Windows Server 2016
・ext2/3/4:Linux
・XFS:Linux
・Mac OS Extended:Mac OS HPFS

型番・価格

Tandberg Data

RDX QuikStor(バスパワーUSB3.0外付ドッキングステーション)

メーカー型番: 8782 標準価格: OPEN

Tandberg Data

RDXエントリーパック(USB3.0ドライブ、1TBカートリッジ付)

メーカー型番: RDX1000E 標準価格: OPEN

Tandberg Data

RDX 1TB カートリッジ

メーカー型番: 8586 標準価格: OPEN

Tandberg Data

RDX 2TB カートリッジ

メーカー型番: 8731 標準価格: OPEN

Tandberg Data

RDX 4TB カートリッジ

メーカー型番: 8824 標準価格: OPEN

Tandberg Data

RDX 5TB カートリッジ

メーカー型番: 8862 標準価格: OPEN

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR、コメント

「RDX」は信頼性・高速・低コストを実現するバックアップ製品です。 USBで接続できるので、簡単に導入可能です。 また、Arcserve、Acronis、BackupExecなど主要なバックアップソフトでも多くの動作検証実績がありますので、イメージバックアップやファイル単位リストアなどの機能と組み合わせてご利用いただくのも便利です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。