ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティと利便性の両立を可能にした新しい仮想化のカタチ

ソリューションNo: C1162 情報更新日: 2019/01/11

データだけをクラウドへ仮想化してデータを持ち歩かないセキュリティを実現

働き方改革による生産性の向上にはモバイルワークや在宅勤務などのテレワークの実践が不可欠です。しかしPCを社外に持ち出すと紛失や盗難による情報漏えいのリスクが高まり、二の足を踏んでしまうのが実情です。その対策として端末に保存しない仮想デスクトップの利用が有効です。しかし実際に仮想デスクトップの導入を検討してみると、そのコストと導入の難しさを知り断念するケースが少なくありません。そんな悩みを解決してくれるのが「Shadow Desktop」です。Shadow DesktopはPCにソフトウェアを導入するだけで、簡単かつ低コストで端末のデータレスを実現できます。Shadow DesktopはPC内のファイルをクラウドで保管してPC内のデータを仮想化します。データがクラウドにあることを意識させることなく、今までの操作感覚でデータが利用できるのが特徴です。しかもデータを利用中にオフラインになっても、作業を継続することも可能です。

製品・サービス名Shadow Desktop
メーカー名アール・アイ
対応OSWindows
製品・サービスURL https://www.ri-ir.co.jp/ri_product/shadowdesktop/
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 月額 / 年額

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

モバイルワーク、テレワークを行いたいけど持ち出しPCを紛失した際の情報漏えいが不安で推進できない・・・

PC内の情報資産だけをクラウドに保存して仮想化されたデータをPCで利用するため、PC本体にデータは存在せず、安心して持ち出しPCを活用できます。

課題
2

モバイルワーク、テレワークでのセキュリティを実現するためにVDIを検討したが、コストが合わず導入を断念した・・・

Shadow Desktopはファイルをクラウドで保管して仮想化するため、イニシャルコストもランニングコストも低減できます。

課題
3

Windows 7搭載PCからWindows 10搭載PCへのデータ移行に時間がかかる・・・

Shadow Desktopはデータをクラウドで保管するため、移行先の新しいPCにShadow Desktopをインストールしてログインするだけでデータ移行が完了します。

特長

特徴
1
PCの操作感覚を変えずにデータをクラウドで仮想化できる

ユーザーディレクトリのデスクトップ、ドキュメント、ピクチャー、ダウンロードフォルダ内にあるデータをすべてクラウドで保管しますが、データの編集、閲覧などクラウドを意識することなく活用できます。

特徴
2
オフラインでもデータを快適に活用できる

使用するファイルは自動的にクラウドストレージからダウンロードされキャッシュします。データの読み書きはこのキャッシュに対して行うため、新幹線や飛行機内などインターネット接続が困難な環境でも作業継続が可能です。PCのシャットダウン時にキャッシュは削除されますが、クラウドストレージにアップロードされていないデータは削除されず保存されます。

特徴
3
紛失、盗難時は遠隔操作でデータ利用を防止できる

PCを紛失、盗難されてしまった際も管理コンソールから遠隔操作でShadow Desktopの利用停止およびPCにキャッシュされたデータの削除ができます。ユーザー単位の停止だけでなく、端末単位の停止も可能なので情報漏洩を阻止しながら作業継続することができます。

特徴
4
Shadow Desktop ムービー

貸出機・トライアル

アール・アイ のwebサイトより申請いただけます。
https://sdm.ri-ir.co.jp/users/signup/trial

システム要件

●オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)
Windows 7 各エディション
Windows 8 各エディション
Windows 8.1 各エディション
Windows 10 各エディション
※サービスパックは最新を適用してください

●CPU
Intel、AMD または互換プロセッサ

●メモリ
1GB以上のRAM
※お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。

●ハードディスクの空き容量
Cドライブに200MB以上の空き容量

●通信ポート
https、tcp/8081

●その他
.NET Framework4.5.1以上がインストールされていること

●制限事項
■Shadow Desktopに使用可能なクラウドストレージは、Amazon S3 , ニフティクラウド オブジェクトストレージ , さくらインターネット オブジェクトストレージ , IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス , IDCフロンティア オブジェクトストレージ です。
■仮想化することができる対象はこちらです。
  ・デスクトップ
  ・ドキュメント
  ・ピクチャー

ご購入方法

・ライセンスは最低5本からのご購入が必要です
・ご購入の際は別途申請書が必要になります
・Shadow Desktopのライセンスのみをご購入の場合は対応可能なクラウドを別途ご用意いただく必要がございます。

型番・価格

アール・アイ

Shadow Desktop サブスクリプション 1年間

メーカー型番: SDTS1Y 標準価格: \11,400

アール・アイ

Shadow Desktop サブスクリプション 5年間

メーカー型番: SDTS5Y 標準価格: \51,300

アール・アイ

Shadow Desktop サブスクリプション クラウド付 1年間

メーカー型番: SDTSC1Y 標準価格: \23,000

アール・アイ

Shadow Desktop サブスクリプション クラウド付 5年間

メーカー型番: SDTSC5Y 標準価格: \103,500

メーカー担当者からのPR、コメント

モバイルPCは多様な働き方を実現するために不可欠です。
Shadow DesktopはPCのデータを持ち歩かず、どこでも高セキュリティに仕事ができる環境を実現します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。