ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 10への簡単データ移行やセキュリティ対策を実現するバックアップソフト

ソリューションNo: C1163 情報更新日: 2019/01/11

ファイルやメールの日常的なバックアップ、そしてランサムウェア対策にも利用可能

Windows 7の延長サポート終了が2020年1月に迫っています。Windows 7搭載PCはできるだけ早くWindows 10搭載PCに入れ替えなければなりませんが、旧PCから新PCへのデータ移行に伴う作業は非常にやっかいです。従来と同じ仕事環境を維持するには旧PCのデータを移行するだけではなく、フォルダーの構造やメールのメッセージやアドレス帳、振り分けルールも新PCで再現する必要があります。こうした面倒な作業を自動化できるのがバックアップソフト「Secure Back 4」です。Secure Back 4はファイル単位でのバックアップを行うため、新規作成や上書き保存などの変化を検知してリアルタイムでファイルをバックアップします。PCのデータ移行の際は旧PCのデータをフォルダー構造やメールの振り分けルールを含めて新PCへ全自動で移行して復元できます。データ移行完了後も人為的なミスによるデータ消失対策やWindowsアップデートに伴うPCデータの不具合対策、OutlookやBecky!、Thunderbirdなどのメールバックアップやランサムウェア対策として継続して活用できます。

製品・サービス名Secure Back 4
メーカー名アール・アイ
対応OSWindows
製品・サービスURL https://www.ri-ir.co.jp/ri_product/secureback/
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 必要

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

Windows 7搭載PCからWindows 10搭載PCへ移行作業を楽にしたい・・・

オートリストア機能により全自動で旧PCのフォルダー構造や振り分けルールを新PCに復元できます。

課題
2

PCのローカルHDD内に保管されている業務データのバックアップ管理は自己責任になってしまっておりデータの保全が不安・・・

ファイルバックアップ方式なので日常業務に負荷をかけずに自動でサーバーにバックアップを集約できます。

課題
3

ランサムウェアへの有効な対策がわからない・・・

クライアントから共有されていない領域にバックアップを格納するため、ランサムウェアの感染対策が可能です。

特長

特徴
1
動作が軽いファイルバックアップ方式を採用

ファイルバックアップ方式のためHDDを丸ごとバックアップするイメージバックアップと比べてネットワークに負荷をかけず軽快なリアルタイムバックアップを実現します。

特徴
2
フォルダーごとに最適な設定ができる

バックアップタイミングはバックアップ元フォルダーごとに設定ができ、フォルダーごとに最適なバックアップの設定が行えます。また最大99世代まで保存できます。

特徴
3
メールのバックアップにも対応

ファイルサーバーに格納されていないメールのバックアップにも対応しています。メッセージデータやアドレス帳をはじめ、振り分けルールもバックアップすることができます。

特徴
4
Windows 10へのデータ移行作業の工数を削減できる

Secure Back 4は旧PCのデータをフォルダー構造やメールの振り分けルールを含めて、新PCへ全自動で移行・復元できますので、Windows 10へのデータ移行作業の工数を削減することができます。

特徴
5
Secure Back 4 ダイジェストムービー

貸出機・トライアル

アール・アイ のwebサイトより申請いただけます。
https://www.ri-ir.co.jp/product/secureback4/download.html

システム要件

◆Secure Back Manager
・オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)
Windows Server 2008 Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Storage Server 2008 Workgroup / Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup / Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Storage Server 2012 Workgroup / Standard
Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup / Standard
Windows Server 2016 Standard
Windows Storage Server 2016 Workgroup / Standard
※WindowsのFSRM(ファイルサーバーリソースマネージャー)機能を有効にしてご利用ください。

・CPU
Intel、AMD または互換プロセッサ
サーバ用プロセッサを推奨

・メモリ
2GB以上のRAM
※お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。

・ハードディスクの空き容量
Cドライブに2GB以上の空き容量

・ハードディスクの構成
任意のドライブをシステム領域とデータ領域に使用します。
※NTFSフォーマットされたローカルディスクであることが必要です。

・通信ポート
インバウンドポート:HTTP(TCP80※1)、ファイル転送(TCP26000※2)、リストア(TCP26994)
バックアップサーバ内部通信ポート:TCP25000※1※3、TCP3306※1
アウトバウンドポート:HTTPS(TCP443※4) SMTP(TCP25※5
※1 インストール時に任意のポートに変更可能 ※2 Secure Back Enterprise ManagerはTCP26000-26999 の1000ポートから動的に使用 ※3 設定したポートから連続する1000ポートを動的に使用 ※4 Secure Back Managerのアップデート機能利用時に使用。プロキシサーバにも対応 ※5 メール送信機能利用時のみ。お使いのSMTPサーバに合わせて任意のポートを指定可能
・対応Webブラウザ
Microsoft Internet Explorer 9 以降 ※ JavaScriptを利用

・その他
LANに接続されていること。
Apache、PHP、MySQL(それぞれ各バージョン)がインストールされていないこと。

◆Secure Back Client for PC
・オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)
Windows 7 各エディション(SP1以降を含む)
Windows 8 各エディション
Windows 8.1 各エディション
Windows 10 HOME / Pro / Enterprise

・CPU
Intel、AMD または互換プロセッサ

・メモリ
1GB以上のRAM
※お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。

・ハードディスクの空き容量
インストールに30MB以上の空き容量
ログ領域に100MB以上を推奨
メールバックアップ時は、メールデータと同容量のテンポラリ領域が必要となります。
※メーラーによってはテンポラリ領域を使用しません。

・その他
LANに接続されていること。

◆Secure Back Client for Server
・オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)
Windows Server 2008 Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Storage Server 2008 Workgroup / Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup / Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Storage Server 2012 Workgroup / Standard
Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup / Standard
Windows Server 2016 Standard
Windows Storage Server 2016 Workgroup / Standard

・CPU
Intel、AMD または互換プロセッサ

・メモリ
2GB以上のRAM
※お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。

・ハードディスクの空き容量
インストールに30MB以上の空き容量
ログ領域に100MB以上を推奨

・その他
LANに接続されていること。

◆仮想化環境について
本製品はOS上で動作するソフトであるため、仮想化環境でも動作いたします。
なお仮想化環境の特性上、お客様の環境によってはパフォーマンスに影響を与える可能性もございます。あらかじめご了承ください。

ご購入方法

・ライセンス版をご購入の際は別途申請書が必要となります。

型番・価格

アール・アイ

Secure Back 4 PC Pack 25

メーカー型番: SB4PP25 標準価格: \250,000

アール・アイ

Secure Back 4 PC Pack 50

メーカー型番: SB4PP50 標準価格: \480,000

アール・アイ

Secure Back 4 PC Pack 100

メーカー型番: SB4PP100 標準価格: \880,000

アール・アイ

Secure Back Manager

メーカー型番: SB4M 標準価格: \380,000

アール・アイ

Secure Back Client for PC ランクA (1-49)

メーカー型番: SB4CPA 標準価格: \12,000

アール・アイ

Secure Back Client for Server ランクA (1-49)

メーカー型番: SB4CSA 標準価格: \70,000

メーカー担当者からのPR、コメント

クライアントPCデータのバックアップ、Windows10 PC 入れ替え時の工数削減にお役立ちします
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。