ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル端末の大量導入・キッティング・管理に役立つマルチOS対応の国産MDM

ソリューションNo: C1278 情報更新日: 2020/04/20

高度なセキュリティと利便性を両立してビジネスを加速させる

SPPM2.0はスマートフォンやタブレットで利用するSaaS型MDMサービスです。2017年にはグーグルからEMM製品として正式に認定され、Android OSレベルでの制御・制限が可能な「Android Enterprise」を利用できるようになりました。端末の状態や利用状況を統合管理サーバーに伝え、統合管理サーバーからセキュリティルール(ポリシー)を適用させることで、組織に合わせた柔軟な端末管理やセキュリティ対策を実現できます。一般的なMDM機能のほか、動態管理や、クラウド電話帳などの独自のサービスも展開しています。

製品・サービス名SPPM2.0
メーカー名AXSEED
対応OSWindows / iOS / Android
製品・サービスURL https://www.sppm.jp/
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 月額 / 年額

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

業務端末の紛失・盗難時の情報漏えいが不安

ロック・ワイプ機能により、スマートデバイスからの情報漏えいリスクを低減できます。

課題
2

利用するアプリを管理者がリモートで一元管理したい

SPPM2.0ではアプリのインストール状況確認・利用制限など一元管理が可能です。

課題
3

端末の利用状況を把握したい

SPPM2.0を導入することで端末の利用状況や、管理者からの指示の到達状況も容易に把握できます。

特長

特徴
1
電源を入れるだけで簡単に初期設定を完了

大量の端末を迅速かつ簡単にキッティングできる「Zero-touch Enrollment」や「Device Enrollment Program」などの、クラウド型の端末展開方式に対応。
従業員が利用する端末や、店舗で利用する企業向け端末の、電源を入れただけで簡単に初期設定が完了できます。

特徴
2
充実したサポートで導入がしやすい

SPPM2.0は国内産のMDMとして最も歴史と実績のある製品です。
端末は機種とOSごとに全て実機で検証しているため、安定して動作します。
製品知識の豊富な営業部隊が導入から運用までをトータルでサポートするため、導入しやすいMDMです。

特徴
3
独自機能搭載で業務効率もアップ

各端末にインストールされたアプリの利用時間や通信量を取得する「利用統計」や、端末の位置情報を定期的に取得できる「動態管理」、SPPM2.0導入端末でのみ利用可能なクラウド電話帳「SPPM電話帳」など、いつも使える独自機能を実装しています。

貸出機・トライアル

SPPM製品ページより、「SPPM試用申込書」をダウンロードの上、申込書記載のメールアドレス宛にお送りください。
https://www.sppm.jp/

システム要件

ご購入方法

お申込み方法の詳細は、各販売代理店にお問合せください。

型番・価格

AXSEED

SPPM2.0 フル機能パック新規・追加申込(12ヶ月)

メーカー型番: SPPM2.0FULLPACK-SHINKITSUIKA12 標準価格: \3,600

関連資料ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。