ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

データをローカルとクラウドで分散管理 安全快適なテレワーク「ZENMU Virtual Desktop」

ソリューションNo: C1317 情報更新日: 2020/06/08

データをローカルとクラウドで分散させて管理

社外で社用PCを利用するにあたり懸念されるのが、紛失や盗難によるセキュリティリスクです。対策の一つとして、従業員のPC環境を仮想化してクラウド上に置く仮想デスクトップソリューションの利用が挙げられます。そこでZenmuTechが提供するデータ分散型仮想デスクトップソリューション「ZENMU Virtual Desktop」をおすすめします。仮想デスクトップ上のユーザーデータをローカルとクラウドに分散して保管する独自の秘密分散技術を搭載しており、PCの盗難や紛失などによる情報漏えいを防ぎます。

製品・サービス名ZENMU Virtual Desktop
メーカー名ZenmuTech
対応OSWindows
製品・サービスURL https://www.zenmutech.com/products/zvd
  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 年額

このソリューションで解決できる
問題


課題
解決策

課題
1

ネットワーク環境によってパフォーマンスが左右されてしまう

ユーザーデータ以外のPCリソースはローカル環境を利用するため、パフォーマンスの低下を抑えます。

課題
2

社外でのPCの利用は盗難や紛失による情報漏えいが心配…

管理画面から紛失したPCをロックし、すぐに利用停止状態にできます。

課題
3

オフラインの環境でも利用したい

予め分散ファイルをスマートフォンなどに設定・保存しておけばオフライン環境でも利用可能です。

特長

特徴
1
秘密分散技術で強固なセキュリティを実現

独自の秘密分散技術を用いて、ユーザーデータを二分割し、それぞれの断片データをローカルとクラウドに分けて保管・管理します。
二つの分散片がそろわない限り、情報として読み取ることができず、元データの復元は不可能です。
管理画面からクラウドの分散片へのアクセスを停止することもできます。

特徴
2
オフラインでも利用可能

クラウド上の分散データをスマートフォンなどと連携し、同期させておくことでネットワーク環境のない場所や通信状態の悪い環境でも利用できます。

特徴
3
簡単に運用できる

Windowsログイン後、ワンステップでZENMU Virtual Desktopの利用が可能です。
クラウド基盤を利用しているため、手間のかかるサーバーの構築や設定は不要です。
Webブラウザーを利用した管理画面からユーザー管理やログの確認などができます。

特徴
4
2分でわかるZENMU Virtual Desktop

特徴
5
1分でわかるZENMU Virtual Desktop 「基本操作編」

貸出機・トライアル

下記URLにアクセスし、使用に必要な登録情報を入力してください。
https://zenmutech.com/contact/freezvd
登録情報:お名前、会社名、部署名、メールアドレス (サービスへのログインIDとなります)、
Azure AD(Office365)連携の利用有無のチェック、必要ユーザー数、電話番号、ご要望(任意)、
「個人情報保護方針」及び「注意事項」同意チェック

システム要件

● ハードウエア要件 推奨ストレージ:SSD 推奨メモリー:8GB以上
● ソフトウエア要件
iTunes Ver 11.1以上:オフラインストレージとしてiPhoneをUSB接続で使用時
ZenmuBT(Android専用アプリケーション):オフラインストレージとしてAndroidをBluetooth接続で使用時
● OS要件:Windows 10/Windows 10 IoT(64bit ) バージョン1803以上
● CPU要件:インテル Core™ i3以上
● オフラインモード用外部ストレージ要件
USBメモリー:USB2.0以上(USB3.0/1GB以上を推奨)
注:VID(Vendor ID)、PID(Product ID)、シリアルナンバーを保持しているUSBメモリーのみが対象
iPhone:モデルiPhone 5c以上、iOS7以上
Android:Android5.1以上

ご購入方法

サブスクリプション ライセンス(月額)x 12か月間の年間契約でのご購入となります。
最小契約ユーザー数は5ユーザーとなります。
ライセンスは、一法人単位となります。

型番・価格

ZenmuTech

ZENMU Virtual Desktop

メーカー型番: ZVD 標準価格: \9,360

ZenmuTech

ZENMU for Delivery サブスクリプションライセンス(小規模向け)ファイル分散ソフトウェア

メーカー型番: ZDSMB-SS-1 標準価格: \240,000

ZenmuTech

ZENMU for PC パーペチュアルライセンス 1~99本の単価 情報漏洩対策ソフトウェア

メーカー型番: ZP-PL-10 標準価格: \31,510

ZenmuTech

ZENMU for PC パーペチュアルライセンス 100~499本の単価 情報漏洩対策ソフトウェア

メーカー型番: ZP-PL-100 標準価格: \27,600

ZenmuTech

ZENMU for PC タームライセンス 1~99本の単価 情報漏洩対策ソフトウェア

メーカー型番: ZP-TL-10 標準価格: \11,040

ZenmuTech

ZENMU for PC タームライセンス 100~499本の単価 情報漏洩対策ソフトウェア

メーカー型番: ZP-TL-100 標準価格: \9,660

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR、コメント

従来の暗号鍵やパスワード保護によるセキュリティ対策では、原本が一か所に存在するので理論上解読されるリスクがあります。
ZENMU Virtual Desktopにより、端末内の情報を暗号化し、更に無意味化したうえで2つに分散。
2つの分散片が揃わなければ情報はもちろんWindowsのデスクトップ環境も利用できず情報漏洩がおこりません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。