Web会議のやりとりをテキスト化したい

 Web会議のやりとりをテキスト化できれば、議事録作成などに役立つこと間違いなしだ。Web会議を録音しておき、あとで音声認識ツールを使ってテキスト化したり、有料のテキスト化サービスを使う方法もあるのだが、手っ取り早いのがWindows11の音声認識を使う方法だ。これによって、パソコンのマイクが拾った声をテキスト化でききる。

Web会議のやりとりをテキスト化できれば、議事録作成などに役立つ

Web会議中にWin+Hキーで音声認識可能。このショートカットはWindows11固有だ

テキスト化は簡単だ

 作業は簡単で、Web会議のウィンドウとは別にWordやメモ帳を開いておく。そこにカーソルを合わせた状態で、Win+Hキーを押すだけだ。これでやりとりが音声認識される。ただし、音声はずらずらと改行されずに続いていくので、後で整形しないと読むのが面倒だ。
 また、認識率はマイクやスピーカーなどの環境によって変わってくる。なにより、滑舌よく話さないとうまく認識できないのでそこは注意してほしい。
 お互いに音声認識を前提に丁寧にしゃべれば問題なくテキスト化できるはずだ。
 このような方法をとらなくても、例えば、Pixelなどのスマホの音声認識機能や、他のスマホアプリを使う手もある。色々考えて議事録作成を少しでも省力化していきたいものだ。

音声認識では文字がつながった形でどんどんテキスト化される

改行すると読みやすくなる

こちらが改行したところ。あとは内容を修正して議事録にすればいいだろう

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。