アプリをインストールして使う

 Macでも使い方はWindowsと近い。ただし、Windowsでは標準でOneDriveが利用可能なのに対し、アプリをインストールする必要がある。とはいえ、MacのApp Storeからインストールすればよいのでとても簡単だ。
 インストールが済むと、画面上のメニューバーにOneDriveのアイコンが表示される。あとは、Windowsと同じように利用できる。

MacのApp StoreからOneDriveアプリをインストールする

MacのApp StoreからOneDriveアプリをインストールする

メニューバーにアイコンが表示される

メニューバーにアイコンが表示される

Windowsと同じファイルが使える

 MacでもOneDriveを利用すると、Windowsと同じクラウドストレージが使える。つまり、MacとWindowsどちらからでもファイルを保存したり開いたりできるわけだ。保存しているフォルダーの構成も同じになるのでとても便利だ。
 例えば、OneDrive上のExcelのファイルを開いて、MacのExcelで編集することも可能。Numbersで編集した表計算のファイルをExcel型式に書き出して、OneDriveに保存すれば、WindowsのExcelで開けるようになる。
 もちろん、バックアップとしても利用できるので、Macでも積極的に利用していきたい。次回は、iPadでの使い方を説明する。

Windowsと同じフォルダーが表示できた

Windowsと同じフォルダーが表示できた

Windowsと同じファイルが利用でききる

Windowsと同じファイルが利用でききる

ExcelのファイルもMacで開けるわけだ

ExcelのファイルもMacで開けるわけだ

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。