ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/08/04

Microsoft 365で業務効率アップ!

【第59回】デザインアイデアを活用しよう(1)


PowerPointの新機能「デザインアイデア」の使い方を紹介する。なお、この機能はMicrosoft 365のサブスクリプションを契約していないと使えない。PowerPoint 2013以前の機能でも利用できない。最新版を使っているユーザーが、差を付けるツールとしてもおすすめなので、ぜひ使いこなしていただきたい。今回は、基本的な使い方を紹介する。

文/戸田 覚


普通のスライドが美しく仕上がる

 デザインアイデアは、プロのデザイナーが作成したデザインが使える――というのが、ウリだ。確かに、従来使っていてテンプレートとは違うデザインが複数提供される。中には、「これはイマイチだ」と思うものもあるかもしれないが、複数から選択できるので、気分に合った物が見つかるだろう。

 一番簡単な使い方は、スライド作成中に「デザインアイデア」から好みのタイプを選ぶだけだ。

普通にスライドを作成した

「デザイン」-「デザイナー」-「デザインアイデア」をクリックする

1つ選ぶと他のスライドにも踏襲される

 デザインアイデアでは、まず1つのスライドのデザインを選択すると、他のスライドもほぼ同系統のデザインが提案されるようになっている。なんとなく使っているだけでも、全体がある程度統一感のあるスライドになるはずだ。

 このあたりは一度使ってみれば、理解できる。

 ただし、気をつけていただきたいのは、気に入ったデザインを見つけても、他のスライドですぐに使えるとは限らないことだ。長時間掛けて探していけば見つかるかもしれないが、かなり面倒だ。その場合は、完成しているスライドを流用することで、デザインがそのまま使えるはずだ。

 なお、次回はデザインアイデアを利用してスライドを最初から作る手順を紹介する。

デザインを選択した。見た目はなかなかいい

デザインアイデアの他の候補①

デザインアイデアの他の候補②
好みに応じてさまざまなデザインを選べる

一度デザインアイデアを有効にすると、他のスライドのデザインも同系統から選べるようになる。まず写真などの入ったメインのスライドのデザインを決めて行くのもおすすめの方法だ

<「Microsoft 365で業務効率アップ!」前回リンクと次回予告> 
【第58回】Microsoftのすごい手書き計算アプリ>>
【第60回】デザインアイデアを活用する(2)

筆者プロフィール:戸田 覚

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。