ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/01/26

Microsoft 365で業務効率アップ!

【第81回】Publisherを使ってみよう(1)


今回から、2回連続で「Microsoft Publisher」の使い方を紹介していく。実は、Microsoft 365に含まれるアプリとして、多くの方が利用できるのだが、あまり使われていないのが実情だ。Microsoft Publisherは、いわゆるDTPソフトなのだが、Word+PowerPointといったイメージで書類を作成できる。この2本のアプリを使っていれば、すぐにでも使いこなせるはずだ。

文/戸田 覚


Microsoft 365のプランにはMicrosoft Publisherが含まれているものが多い

あなたのスタートメニューにもMicrosoft Publisherが登録されているかもしれない

作法はPowerPointなどと同じ

 Microsoft Publisherは、他のMicrosoft Officeアプリと基本的な作法が同じだ。ファイルを新規作成したら、画面に白紙の用紙が現れるので、オブジェクトやテキストを追加していく。

 テキストは、テキストボックスで入れていくので、作業はPowerPointに近いと考えた方がいいだろう。ただし、画面に表示される用紙はさまざまなサイズと方向に指定できる。印刷が前提のアプリなので、その点がWordに近いわけだ。

新規書類を作成していく使い方は、他のMicrosoft Officeアプリと同様だ

印刷が前提のアプリなので画面に用紙が表示される。必要があれば最初に用紙のサイズを変更する

テキストはテキストボックスを利用して入力する

ツールが独自で便利だ

 Microsoft Publisherは、独特のオブジェクトやツールを持っているのが最大の特徴といえるだろう。さまざまな書類を作る際に役立つ機能が盛りだくさんなのだ。

 企画書や提案書なども作成できるが、それらはWordで作る方が理にかなっている。Microsoft Publisherが役立つのは、チラシやパンフレット、名刺など、レイアウトが必要な書類作成だ。

 そんな用途のために、独自のオブジェクトが複数用意されているのがポイントだ。

 コラムなどの文字を配置してパンフレットに使ったり、チラシに使えそうなポップな価格表示や、飾り罫などが利用できる。これらを使いこなすことで、手軽にそれなりの書類が作れるわけだ。

 次回は、もっと手軽に利用できるテンプレートの使い方を紹介する。

文字と写真を組み合わせたコラムなども簡単に設定できる①

文字と写真を組み合わせたコラムなども簡単に設定できる②

カレンダーやチラシに使えそうなパーツも複数ラインアップ①

カレンダーやチラシに使えそうなパーツも複数ラインアップ②

飾り罫は伸ばすときちんとパーツの数が増えていく仕組みだ

筆者プロフィール:戸田 覚

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。