ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/09/14

1分でわかる スマートワーク用語集

RPA

Robotic Process Automationの略で、デジタルレーバーとも呼ばれるソフトウェアロボットによる業務自動化のこと。工場などの自動化とは異なり、RPAでは主にパソコンのデスクトップ画面上にてアプリケーションを使って繰り返し行う一般的な定型業務を、人間同様の操作を行えるソフトウェアによって自動化・効率化するツールである。このような自動化は生産性向上や少子高齢化にともなう労働人口の減少を補う手段としても注目されている。

Officeアプリケーションなどに用意されているマクロは、そのアプリケーション内、または関連するアプリケーション同士で完結しているのに対し、RPAはデスクトップの操作自体の記録や定義が可能で、別のシステム上にある複数のアプリケーションをまたいでのパソコン上の業務を自動化することができる。RPAに用いられるソフトウェアロボットは、プログラミング経験のない一般のユーザーでも容易に習得でき、直感的な作成が可能になっている。

RPAの導入により業務の自動化の範囲が拡大することで、オフィスワーカーは業務の改善・イノベーションに専念でき、業務の効率や質が向上すると考えられる。RPAによる業務自動化は将来的にAIの導入によるインテリジェント化が進むと考えられ、さらなる生産性向上への寄与が期待されている。

(古市威志)

INDEXに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。