ファイルオンデマンドとは

 ファイルオンデマンドは、ファイルのアイコンだけを表示し、実体はOneDrive上に置いておく機能で、パソコンのストレージはほとんど消費しない。
 例えば、500GB分のファイルを利用しているとしよう。モバイルノートのストレージが128GBだと当然入りきらない。ところが、ファイルオンデマンドなら500GBのファイルは全部アイコンが表示される。その上で、使うファイルをクリックして開くと、その時点でダウンロードされ、このタイミングで容量が消費される。
 注意したいのは、オンラインでなければファイルが使えないこと。打ち合わせなどで使うファイルがあるなら、会社や自宅であらかじめ開いておくと安心だ。

ファイルオンデマンドは、設定メニューでチェックをつければ利用できる

ファイルの見分け方

 ファイルオンデマンドで利用しているファイルは、アイコンに付くマークで状態を把握できる。雲のマークが付いているファイルやフォルダーは、OneDrive上のみに保存されていて実体がない。クリックするなどして開くと、チェックマークが付く。
 矢印で描いた円のようなマークが付いているものは、ダウンロードしている最中だ。ごくまれに、段ボール箱のようなマークが付くが、これはファイルの連携がうまくいっていない時のようで、再起動などで解消するはずだ。
 次回は、スマホなど他のデバイスでOneDriveを使う方法を紹介する。

ファイルオンデマンドを利用すると、アイコンにさまざまなマークが付く。雲のマークは、ファイル自体はOneDrive上にあることを示す

ファイルをクリックして開く際には、ダウンロードされるわけだ

円形矢印のマークはダウンロード中

段ボール箱のようなマークは再起動すれば直ることが多い

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

関連記事
使いこなそうOneDrive「基本編(1)」
著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。