リンクの貼り付け

 WebページのURLは、普通にExcelやWordに貼り付けるだけで自動的にリンクになる。普通にクリックすればWebページが開くはずだ。
 昔は、Excelにリンクをそのまま貼ってもうまく開かなかった記憶もあるが、最新の環境では、普通に貼り付けるだけで何の違和感もなく使えるはずだ。

普通にURLをコピーする

普通にURLをコピーする

Excelのセルに貼り付ける

Excelのセルに貼り付ける

それだけで普通にリンクになる

それだけで普通にリンクになる

クリックすれば、該当するページが開く

クリックすれば、該当するページが開く

リンクの文字を変える

 URLを貼り付けると、セルにはそのページの見出しが表示されたり、長いURLが表示されたりする。どちらにせよ、見栄えが美しくないし長い。特にExcelで多くのリンクを管理したいときには、いくつものURLが並ぶのはうっとうしい。
 また、Wordの書類にリンクを貼るときも「Webページはこちら」といった表示にしてクリックしてもらった方がスマートだろう。
 こんな時には、「挿入」メニューの「リンク」機能をおすすめする。この機能を使うと、リンクに表示する文字列が自由に指定できるのだ。なかなか便利な機能なのでぜひ使い方を覚えておきたい。

「挿入」−「リンク」を利用しよう。URLを貼り付けたいセルを選んだ状態でメニューをクリックする

「挿入」−「リンク」を利用しよう。URLを貼り付けたいセルを選んだ状態でメニューをクリックする

ダイアログが開いたら表示したいテキストを入力する

ダイアログが開いたら表示したいテキストを入力する

「アドレス」にURLを貼り付けてOKをクリックする

「アドレス」にURLを貼り付けてOKをクリックする

任意の文字列にリンクができた

任意の文字列にリンクができた

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。