ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

[PR]

PCとスマホを同時接続して効率性を向上させるデルのワイヤレスディスプレイ――デル「U2417HWi 24インチワイドワイヤレスモニタ」



ジャイアン鈴木の「仕事が捗るガジェット」 - 第5回

デル「デジタルハイエンドシリーズ U2417HWi 24インチワイドワイヤレスモニタ」

仕事のスタイル、オフィスのあり方の変化に伴い、長年人々に使われてきた「PC用ディスプレイ」にも、画質やサイズだけではなく多機能化が求められている。今回紹介する製品は、ワイヤレス接続によりPCとスマートフォンの利便性と効率性の向上を目指した新機軸のディスプレイだ。

文/ジャイアン鈴木


 今回ご紹介する「Dell デジタルハイエンドシリーズ U2417HWi 24インチワイドワイヤレスモニタ(以下U2417HWi)」は、仕事の効率性や利便性が考えられたディスプレイだ。まずは製品の特徴から紹介していこう。

デル「Dell デジタルハイエンドシリーズ U2417HWi 24インチワイドワイヤレスモニタ」5万5900円(税抜き、配送料込み)

 U2417HWiは、23.8インチIPS方式の非光沢ディスプレーパネルを採用。最大解像度は1920×1080ドット。輝度は250cd/m2、色域はsRGBを96%カバーし、縦横ともに178度と広い視野角が確保されている。

 スタンド含むサイズは539.1×185.0×355.8〜485.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.42kg。ちなみにパネルのみの重量は3.28kgとなる。同梱のスタンドは調整機構が豊富で130mmの高さ調節、45度の左右角度調節、90度の縦横回転、前後の角度調節が可能だ。

 インターフェースはHDMI(1.4)×1、USB3.0端子×4(アップストリーム×1、ダウンストリーム×4)、オーディオ出力×1を備えている。映像入力がHDMI(1.4)の 1系統のみだが、ノートPCなどとはワイヤレス接続可能なので通常利用で問題になることはないだろう。

U2417HWiの色域はsRGBを96%カバー。クリエイティブ系ワークにも十分対応できるスペックだ

同梱のスタンドは縦横に90度回転可能。縦に長いウェブページの閲覧や、オフィス文書の閲覧・編集に重宝する

左からAC電源、HDMI、音声ライン出力、USB(アップストリーム)×1、USB(ダウンストリーム)×4、Micro-Bポート(サービス専用)が並ぶ。なおUSB(ダウンストリーム)は右端のみ充電機能を備えている

 本製品はMiracastによりワイヤレス接続可能だが、同時に2系統の映像入力が可能となっている。ただしiOS端末やMacには対応しておらず、同時にワイヤレス接続可能なのはWindows PCとAndroid端末の組み合わせのみとなる。たとえばWindows PC を2台や、Android端末を2台同時にワイヤレス接続するような使い方はできない。

 セットアップ自体は非常に簡単だ。Windows PCはデルのサポートページから、Android端末はGoogle Playから「Dell Wireless Monitor」アプリをダウンロード。アプリケーションを起動したのち、接続先として「Dell ○○○○」と候補として表示されているU2417HWiを選ぶだけ。あとはU2417HWiの本体下部にあるコンソールから接続許可を承認すれば、ワイヤレス接続が確立する。

Windows PCの場合、Dell Wireless Monitor起動後に「アクションセンターを開く」→「接続」とクリックしたあと、「Dell ○○○○」を選択することでワイヤレス接続が開始される。なお「このディスプレイに接続されたキーボードまたはマウスからの入力を許可する」を選択しなければ、U2417HWiのUSB端子に接続したキーボード、マウスは利用できない

Android端末の場合は、Dell Wireless Monitor起動後に「キャスト設定」をタップしてから「Dell ○○○○」を選択する。なお接続後に表示される「キーボードとマウスのセットアップ」で「はい」を選ばなければ、U2417HWiのUSB端子に接続したキーボード、マウスは利用できない

 さて気になる使い勝手だが、まずワイヤレス接続による遅延は一般的なオフィスアプリケーションなどであればほとんど気にならない。たとえばスクロールバーをマウスで激しく上下すれば多少のコマ落ちは発生するものの、通常利用でこのような操作は行わないので問題ないはず。またさまざまな動画の再生も試してみたが、フルスクリーンで再生しても極端なコマ落ちは生じず、十分観賞に応えるレベルだ。1フレームが勝敗やスコアを左右するPCゲームをプレイしないかぎりは、ワイヤレス接続による遅延に不満を感じることはなかった。

激しく視点が移動する3Dシューティング系PCゲームなどをプレイしないかぎりはワイヤレス接続による遅延は気にならない。このようなカーレースゲームであれば、ほとんど違和感なくプレイできる

 もうひとつの売りであるWindows PCとAndroid端末の画面が同居するディスプレイ環境は想像していたより快適だ。U2417HWiで、Android端末の画面はまるでWindows PCのウィンドウのひとつのように表示される。Windows PCとAndroid端末の画面を行き来するのも自由自在だ。まるでスマートフォンがWindows PCに入ってしまったような感覚は楽しい。

どんなにスマホのフリック入力に慣れてはいても、やはりフルサイズキーボードのほうがはるかに速く文字入力が可能だ

 また、U2417HWiのワイヤレス接続にパスワードを必要としない(Windows 8.1以降の場合。Windows 7ではパスワードが必要)のも大きなメリット。たとえば会議室や打ち合わせスペースなどにU2417HWiを設置しておけば、出席者全員が手軽にワイヤレス接続で資料などを表示できる。ワイヤレス端末ごとにケーブルを用意して、遠くから抜き差しする必要もない。

 最近流行のフリーアドレスオフィスにもU2417HWiは最適だ。U2417HWiにキーボードとマウスさえ接続しておけば、オフィスに到着したらWindows PCをワイヤレス接続するだけですぐに業務を始められる。共用PCを複数台導入するよりもスマートなオフィス環境を構築できるだろう。

 ビジネス用途はもちろんのことプライベート用途にも魅力的なワイヤレスディスプレイ「U2417HWi」。スマートな作業環境の構築に本製品を活用してみてはいかがだろうか?


» ワイヤレスモニターの詳細は「こちら」でご確認ください。(外部サイトへリンクします)


筆者プロフィール:ジャイアン鈴木

EYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターとして活動を開始しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。