1分でわかるスマートワーク用語集

エンドポイントセキュリティ

エンドポイントセキュリティとは、サーバやパソコン、モバイル機器といったネットワークの末端に接続されるデバイスを攻撃から守るためのセキュリティ対策のこと。働き方の多様化によって、在宅勤務やクラウド環境の利用など、これまでの社内ネットワークに存在しなかった様々なデバイスがエンドポイントとして活用されるようになり、これまでのセキュリティ対策に加えて、こうしたエンドポイントへの対策が必要になった。

これまで企業のセキュリティは、おもにネットワークから感染する脅威への対策が主体だったが、エンドポイントセキュリティにおいては情報端末となるデバイスやその内部の情報を守ることを目的としている。具体的には、端末の紛失・盗難を含めた情報漏洩対策、データの暗号化、プログラムのふるまい検知などが挙げられる。

今後働き方改革がさらに進めば、ネットワークに接続されるエンドポイントはますます増加・多様化していく。これまでのように、社内外の接点であるゲートウェイ部分のセキュリティ対策だけでは不十分となる。
(陣武雅文)