1分でわかるスマートワーク用語集

仮想オフィス

仮想オフィスとは、そもそもは従来の会社のように物理的なオフィススペースを持たず、住所や郵便物の受け取り、電話の応対などのサービスを受けるシステムであった。しかし、働き方改革の浸透や新型コロナウイルス感染拡大の影響でリモートワークが増えたことにより、ネットワーク上にオフィスがあるような仕組み作りと、それを構成するツール群を指す言葉としても使われている。

これまでは物理的にオフィスに出勤し、タイムカードなどの出退勤管理を施し、オフィス内でコミュニケーションを取りながら業務をこなしていたが、仮想オフィスの場合はログインすることが出勤の代わりとなり、出退勤管理やコミュニケーションはクラウド上のシステムやチャットなどのツールを活用する。データの共有やウェブ会議、業務フローに沿った申請システムなど、およそ社内で行われる活動をWeb上で再現できるツール類をまとめた仮想オフィスツールのパッケージもある。

仮想オフィスを使えば通勤時間という拘束がなくなり、会社へ通える範囲を考えない居住の自由も得られる。しかしながら、同じオフィスで顔を合わせて雑談するといったことも人間関係の構築やビジネスヒントを作る上で重要なことであり、そうした分野も再現できる仮想オフィスツールを選ぶことはとても重要だ。
(陣武雅文)