ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/09/14

1分でわかる スマートワーク用語集

BYOD

Bring Your Own Deviceの略。個人のスマートフォンやPCなどのデジタルデバイスを業務用として会社に持ち込んで利用するワーキングスタイルを示す言葉である。BYODが注目されてきた背景としては、テレワークやモバイルワークといったオフィス内での業務にとどまらないワークスタイルが普及したこと、クラウドストレージなどクラウド経由で情報にアクセスできるようになったこと、Webアプリケーションなどの普及で端末の種類に依存せず可能な業務が広がったことなどが挙げられる。

BYODは、従業員にとっては使い慣れたスマホやPCを用いて仕事ができる、企業側からは業務用端末を用意するコストを削減できるというメリットがある。一方で、個人のデバイスを用いる関係上、常に紛失や盗難、情報漏洩といったセキュリティ上の危険にさらされる可能性も考慮しなければならない。

BYODを実現させるためには、使用端末の登録管理が前提となるが、紛失時に端末上のデータを悪用されないためのリモートロックやリモートワイプなどの遠隔操作機能、企業内使用に対応したセキュリティポリシーを適用させるためのMDM(Moblle Device Management)が必要になる。

(古市威志)

INDEXに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。