空き容量を確認する

 OneDriveの契約容量と現在の消費量を確認するには、タスクバーの右にあるOneDriveのアイコンをクリックして、設定を開けばいい。消費している割合がひと目でわかるはずだ。
 あまり見たことがなければ、まず一度はチェックして、自分の消費量を確認しておこう。

歯車アイコンをクリック

タスクバーにあるOneDriveのアイコンをクリックする。歯車のマークをクリック

「設定」を開く

「設定」を開く

容量と消費量の記載

設定が開くと、容量と消費量がテキストで記載されている。ストレージの管理もここから開ける

不要なファイルを削除して容量を確保する

 空き容量が少なくなったら、不要なファイルを削除する。ただし、小さなファイルを削除しても節約効果は少ない。急いで容量を確保したいときには、サイズの大きなファイルから取捨選択を決めていくべきだ。サイズの大きなファイルを削除すると、空き容量も多く確保できることになる。
 もちろん、ヒマがあるときには不要なファイルをチェックして整理しておきたい。外付けのHDDにバックアップするなどして、OneDrive上から削除していこう。

ストレージの管理(無料5GB)

ストレージの管理で開いた、無料5GBの容量の様子

ストレージの管理(有料契約)

こちらは、同様に開いた有料契約の容量の様子だ。「領域を占有しているファイル」をクリックすると、ファイルが削除しやすい

サイズの大きいファイルの表示

サイズの大きなファイルが大きな順に並ぶので、削除を検討していける

サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」

「Microsoft 365」のご利用にはサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」がお薦めです!

雷ロゴ
著者プロフィール

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。